伊坂幸太郎「仙台ぐらし」

僕はエッセイ集があまり好きでは無い。 とは言うものの、豊島ミホの「底辺女子高生」なんかは棺に入れてほしいくらい大好きな本だし、「本棚探偵シリーズ」は何度読んだことか。

more

東川篤哉「密室の鍵貸します」

密室ものが続きます。 初めての東川篤哉。 ユーモアミステリーかと思ってたらびっくりした。 しっかりと本格ミステリーだった。

more

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」

「とんでもトリック」で有名な御手洗潔シリーズの2作目。 シリーズ1作目はあの大名作の「占星術殺人事件」なのに、2作目の本作はあまりに大胆なトリックで有名なあれ。 というか、バカミスです。

more

有栖川有栖「46番目の密室」

作家アリスシリーズの1作目。 本格ミステリの王道中の王道って感じで控えめに言って最高だ。

more

東野圭吾「放課後」

東野圭吾のデビュー作。 江戸川乱歩賞の受賞作ということで、割とストレートな推理小説。 東野圭吾はデビューからすごかった。面白い。

more

木下半太「鈴木ごっこ」

「鈴木ごっこ」まずは秀逸なタイトルが目を惹く。 表紙からにじみ出る少し不気味な感じも小説の世界観をよく表していてタイトル含めていい表紙だ。 ただ、肝心の中身、小説としてはあっけなく終わってしまった感じ。

more

鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」

ずいぶん前に読んだものの再読。 いわゆる歴史ミステリーものの範疇に入るんでしょうけど、ミステリーっぽくない。 トンデモ説をミステリーという箱に収めているだけのような感じではあるけど、面白いは面白い。

more

東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」

東野圭吾のクローズド・サークルもの。 とはいえひねくれものの東野圭吾、一筋縄ではいかないクローズド・サークル。 タイトルには「雪の山荘」となっていますが、雪なんか全く降っていないし、閉ざされてなんかいない。

more

青崎有吾「体育館の殺人」

「体育”館”の殺人」と、まるでパロディもののようなタイトルだったり、探偵役の裏染くんがやけにオタクだったりと、すごく今時なライトな学園ミステリ風なんですけど、トリックや謎解き部分はとても硬派でいい […]

more

瀬尾まいこ「おしまいのデート」

“デート”をテーマにした5つの短編からなる短編集。 と言うものの恋愛ものというわけではなく(全く恋愛要素がないわけではありませんが)様々な関係性の2人のデートにまつわるあれこれ。 瀬尾まいこでつま […]

more

浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」

映画で見たかったやつをなんだかんだで小説版を先に読んでしまった。 韓国の映画で「殺人の告白」というのがあって、それのリメイクしたのが映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」。 そして、それをノベライズしたものがこれ。 間 […]

more

長江俊和「出版禁止」

タイトルと表紙すごくいいですよね。 「放送禁止」というTVシリーズのディレクターの書いた小説。 「放送禁止」は名前だけ知っている程度だったんですけど、興味持ちました。見てみたい。

more