野村美月「文学少女と死にたがりの道化」

発売されたばかりの頃に買って、これまでに何度読んだことか。 ちょうど1年ほど前にもこれと2作目を読んでいたけど、シリーズ通して読むのは随分やってないな、と思って再度第1作目のこれから。これからの僕の毎日が楽しみだ。

more

西澤保彦「殺す」

なんとも物騒なタイトル。 「七回死んだ男」がそこまで評価できない僕ですが、西澤保彦好きかもしんない。 すっきりしない部分はあるが、好きな1冊。

more

恋愛戯曲 @Amazonプライム

深田恭子が見たくなった。 深田恭子かわいい。すごくかわいい。すごく好きだった。 だから見たくなったんだ。深田恭子を。

more

倉知淳「星降り山荘の殺人」

倉知淳は初めてかな。 読みたいと思って、何冊か積ん読したまま。 どこかで「星降り山荘の殺人はイイゾ!」というのを聞いたのをきっかけに読んでみた所、確かにすごくよかった。 雪に囲まれた密室、下界と隔離された山荘、連続殺人、 […]

more

青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」

「あさこ」じゃなくて「まこ」なのか。 トリビア面白い。地理ってあんまり興味のあるジャンルではないんだけどそれでも面白いからトリビアってすごい。 麦わら帽子の美少女、西川麻子が地理の知識を使って謎を解いていく。 軽くて読み […]

more

恋の渦 @Amazonプライム

大根監督ということで多少気にはなっていたものの、大根監督をそこまで信頼していなかったため、ずうっと見ていなかった「恋の渦」。 「白ゆき姫殺人事件」がつまらなくて、片手間に見れそうなの見たいな、と思って見はじめたらやられた […]

more

白ゆき姫殺人事件 @Amazonプライム

原作読んだ時いまいち面白くないなって思ってたのに、なんで見たんだろう。 映画もやっぱりあんまり面白くなかった。

more

遠藤武文「トリック・シアター」

「プリズン・トリック」は確か60点くらいの作品だった。 本書のあらすじを読むと非常に面白そうな作品。 タイトルも良くて面白そう。

more

そして父になる @Amazonプライム

「万引き家族」があまりにも最高だったので、是枝監督作品、他のも見てみようと思って、上映時にも気になっていたこれを。 結論をいうと、圧倒的に「万引き家族」の方がいい。

more

伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」

奈良旅行中に購入していた本。SFでは無かった。 伊坂幸太郎の最高傑作は「アヒルと鴨のコインロッカー」だと思うし、賛同してくれる人も多いと思う。 次に好きなのは「ゴールデンスランバー」。 多分「重力ピエロ」の方が好きな人多 […]

more

恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」

恩田陸が「蜂蜜と遠雷」で直木賞と本屋大賞をW受賞しました。おめでとうございます。すごい。 ただ、どうなんでしょうね、W受賞っていうのは。 「蜂蜜と遠雷」がそれだけ素晴らしい本なのかもしれませんが、直木賞と本屋大賞は別々の […]

more

竹本健治「涙香迷宮」

このミス2017の国内編の1位。 暗号ミステリの最高峰の一つであることは間違い無い。 やけにうんちくは多いし、暗号がメインで殺人があまりにおまけ的すぎて、純粋にいわゆる”ミステリー”を読みたいので […]

more