Diner ダイナー

原作「ダイナー」がめちゃめちゃ最高だったので、映画化と聞いて喜んだ一瞬後に不安になって、ボンベロを藤原竜也が演じると聞いて憤慨して、その時は観るつもりなんか全くなかったのに、最近映画館に行ってなかったのもあって、急激に行 […]

more

豊島ミホ「夏が僕を抱く」

間違いなく好きな作家の1人豊島ミホの「夏が僕を抱く」。 彼女が時々放つ煌びやかで力強い一節が好きだ。 もちろん、相性なのかもしれないけど、僕なんかは簡単に貫かれてしまう。 本書でも輝く一節がいくつも。 それだけでも読んで […]

more

おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」

世にも奇妙な物語の原作が入った短編集。 世にも奇妙な物語と言えば、筒井康隆や星新一、清水義範や藤野美奈子なんかを原案、原作としてたりして割といい所から持ってきているイメージでした。 最近は世にも奇妙な物語も見なくなったも […]

more

神宮司いずみ「校舎五階の天才たち」

天才とミステリー(特に新本格)の相性はとても良い。 探偵として登場しても、その探偵が簡単に解けない謎を演出できたり、超人的な推理力を持たせることができる。 被害者としてはなぜ天才がその犯罪の被害者になってしまったのか、な […]

more

彩坂美月「少女は夏に閉ざされる」

盛り込みすぎ。 夏休み、地震でクローズドサークルになった病気で亡くなった同級生がお化けとして現れると噂のある寮に残された7人の女子。そこに教師が殺人鬼となって襲いかかる!それに、幼馴染の男子のこともなんだか気になるし・・ […]

more

麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」

シリーズの第二巻。 第一巻の「貴族探偵」はとてもよく、コメディ要素はありつつ様々なトリックを仕込んだ名短編でしたが、本書「貴族探偵対女探偵」はさすがにコメディに寄り過ぎてしまったのでは。 せっかくの新キャラ女探偵の扱いが […]

more

堀内公太郎「スクールカースト殺人同窓会」

前作「スクールカースト殺人教室」はそんなに好きじゃなかったんですけど、やっぱりタイトルとスクールカーストという題材が好きなので今作「スクールカースト殺人同窓会」も読む読む。

more

よしもとばなな「ハゴロモ」

よしもとばなな初読み。 なんとなく(多分作家名からの印象で)、軽い恋愛小説を書いているだけの人、みたいなイメージを持っていた。 知り合いに「確かに恋愛も書くけどそれだけじゃないよ」と言われて挑戦。 もし肌に合わなくても薄 […]

more

サキ「サキ短編集」

やけに色々な所で評判が良く、それでも翻訳ものが苦手ということで手が伸びていなかった本書「サキ短編集」。 すごくよかった。 最初の方はいまいち世界に入り込めず目滑りしつつ読んでいたのだが、どんどんとサキの世界に沈んでいき、 […]

more

湊かなえ「リバース」

積ん読を消化したくて、早く読める湊かなえを。 イヤミスの女王と呼ばれる彼女ですが、少し前からイヤミス以外もたくさん書いているし、本書「リバース」もイヤミスでは無い。 イヤミスの女王と言うよりは実写化の女王じゃなかろうか。

more

金原ひとみ「星へ落ちる」

連作短編集とは言うものの、一つ一つに短編感は少なく長編ととらえていいんじゃないだろうか。 恋愛小説ではあるが、恋の喜びや官能的な性描写などは全くなく、不安しかない。 それでもどこか低めの温度が心地良く、読み後心地は爽やか […]

more

長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」

MONSTERや20世紀少年に関わって来た長崎尚志の小説。 漫画編集者の書いた小説ということで、話も漫画に関わるもの。 ドラマ化されてたんですね。 ドラマに向いてそうというか、映像に向いてそう。あとは当然漫画にも向いてい […]

more