北山猛邦「猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数」

北山猛邦いいですね。 やっぱりいいですね。 「先生、大事なものが盗まれました」や「私たちが星座を盗んだ理由」がとても好みで追っていこうと思っている作家さん。 本書「猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数」は割とラノベ寄りという […]

more

アンソニー・ホロヴィッツ「カササギ殺人事件」

翻訳ものとしては、近年では圧倒的に売れてますよね。 本屋でもずうっと平積み。 宣伝文句が「クリスティのオマージュ」というもので、もう音楽界で言ったら「ビートルズ」みたいなもんだろう、と思って上巻を読み始めたら、確かに!と […]

more

はじまりはヒップホップ @Amazonプライム

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を見た時も感じたんだけど「映画ってこういうのでいい」。 とにかくただただ楽しい。終始笑顔になってしまう。

more

清涼院流水「ジョーカー 清」「ジョーカー 涼」

僕は清涼院流水が好きなはずだ。 と言うことで、「コズミック」とあわせて読んだ。 YONDA。 読む順番としては「コズミック 流」→「ジョーカー 清」→「ジョーカー 涼」→「コズミック 水」がおすすめ、と清涼院流水が言って […]

more

清涼院流水「コズミック 流」「コズミック 水」

僕は清涼院流水が好きなはずだ。 好きなはずなのにイマイチはまっていなくて、でも、好きなはずなので久しぶりに「コズミック」「ジョーカー」の4分冊を読む読む。 YOMYOM。 読む順番としては「コズミック 流」→「ジョーカー […]

more

早坂吝「探偵AIのリアル・ディープラーニング」

「○○○○○○○○殺人事件」の早坂吝。 「○○○○○○○○殺人事件」が期待したわりにはいまいちだったので購入悩んだんですけど、VOFAN先生の表紙がとてもよく購入。 とうとう、AIが探偵に。 来てるな未来。 とは言うもの […]

more

太田忠司「僕の殺人」

率直に面白くなかった。 途中までは悪くないなと思えるんだけど、なんだかやけに目滑りしてしまい集中もできない。 それでも、結末はやけに気になって読了。 構成は悪くないというか、好きな方。 「僕の殺人」というタイトルも気が惹 […]

more

悠木シュン「スマート泥棒」

時々訪れる「つまらない小説を読みたい」欲。 そんな中「スマート泥棒」というタイトルとダサい表紙で、悪い意味での期待値の高かった一冊。 なのにだ。 これが、いい意味で期待を裏切るものだった。 そこそこ良かった。

more

真実

怒っている。 僕は怒っている。 「真実」がめちゃめちゃよかったんだ。 どうしてこれが、日本で撮影できなかったんだ。

more

HELLO WORLD

観るつもりはなかったんだけど、知り合いからムビチケもらったので観に行くことに。 無料だったせいなのかどうかわからないけど、やけに面白かった。

more

スマホを落としただけなのに @Amazonプライム

原作は読んでいたけど、そんなに取り立てて思うことはないくらいのものだった。 それでも、この映画がちょっと気になっていたのは、酒井ちゃん。 アルコ&ピースの酒井ちゃんが出てるから。

more

小林泰三「アリス殺し」

やった!めちゃめちゃ面白かった! 読んでる間中、「これミステリとして成り立つのか?」と思いながら読んでいました。 賛否あるでしょうけど、僕としてはめちゃめちゃ好物な感じのミステリでした。

more