Nobutake
Dogen.com

映画「ハドソン川の奇跡」

映画を好きになったのが、2〜3年前くらいからで、クリントイーストウッドの作品も2015年の「アメリカンスナイパー」が初でした。

その「アメリカンスナイパー」が最高で2015年の個人ベストだったこともあり、すごい期待していました。

離陸後の機体の故障によるハドソン川への着水。
こんなことすら知らなかったんですけど、着水ってすごいリスクが高いんですね、で、そんな状況にもかかわらず155人全員生存。
それが「奇跡」なわけですけど、その「奇跡」が正しかったのか?というのがこの映画の主軸。

「全員生存したんだからそれでいいじゃん」となります。きっとみんななります。

でも、見ているとどんどん考えさせられていって、「それじゃダメなのかも」とも思えてくる。
もしも、機長のサリーの選んだとても危険な「着水」という「奇跡」よりも、もっと安全な方法があったのであれば、サリーは機長として安全な方法を選ぶ義務があるんですよね。

それでももちろん、基本的には「助かったんだからいいじゃん」という気持ちなんですが、サリーと副操縦士のジェフを執拗に責め続ける、委員会の人々も必要以上に嫌な奴らに演出されてもいないし、実はいい奴です、みたいな演出もなくとても公平に演出されていて、見る人に判断を委ねてくれます。

映画通して「ここで感動してください」みたいな演出も全然ないおかげで、とても静かで心地良い感動的な映画でした。

ラスト台詞が最高にかっこよくてしびれます。
僕も人生でいつか言いたい台詞ランキングに入れておきます。

見終わってから、興奮のあまり友達にラインしちゃって、それで知ったんですけどクリントイーストウッドってもう86歳なんですね。
すごいおじいちゃんだ。
長生きしてほしい、そしてもっと映画作ってほしい。

Amazon.co.jpで買う
ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]
  • 価格   ¥ 962 ¥ 2,571
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazon

2016年 年間ベスト

  1. シン・ゴジラ
  2. ハドソン川の奇跡
  3. オデッセイ
  4. スポットライト
  5. アイアムアヒーロー
  6. ゴーストバスターズ
  7. 二つ星の料理人
  8. ふきげんな過去
  9. ペット
  10. ミュータントニンジャタートルズ シャドウズ
  11. 君の名は。
  12. 何者
  13. SCOOP!
  14. 64前編
  15. 64後編
  16. 疑惑のチャンピオン
  17. クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
  18. デッドプール
  19. プリキュアオールスターズ
  20. 傷物語I