シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

まずはお疲れ様でした。
初めてエヴァンゲリオン見たのが高校生の頃、深夜にやっていた再放送でした。

まぁ、面白いのなんの。
どハマりして、これまでずうっと追い続けていました。

そんなエヴァンゲリオンが終わってしまった。ということでやはり寂しさはありつつ。
それでもやっぱりよかったなぁ。というのが正直な感想。

解説

庵野秀明監督による大ヒットアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの最新作にして完結編。1995~96年に放送されて社会現象を巻き起こしたテレビシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」を再構築し、4部作で描いた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ。2007年に公開された第1部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、09年の第2部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」、12年の第3部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に続く今作は、「新劇場版」シリーズの集大成となる。テーマソングは、これまでの「新劇場版」シリーズも担当した宇多田ヒカル。ミサトの率いる反ネルフ組織ヴィレは、コア化で赤く染まったパリ旧市街にいた。旗艦AAAヴンダーから選抜隊が降下し、残された封印柱に取りつく。復元オペの作業可能時間はわずか720秒。決死の作戦遂行中、ネルフのEVAが大群で接近し、マリの改8号機が迎撃を開始した。一方、シンジ、アスカ、アヤナミレイ(仮称)の3人は日本の大地をさまよい歩いていた……。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=z1klJIyx060

ネタバレありの感想

率直な感想としては意外性は少なかった。
想像通りの結末だった。

庵野監督は結局最初から最後まで同じことを言っていたんだと思う。
それなのに、理解してもらえず、とことん(庵野監督の中で)わかりやすく演出したのが本作なんだと思う。
まるで庵野監督が「これで文句ないでしょ?」
と言っているような感じを受けた。

そういうわけで、個人的には満足なんだけど不完全燃焼というか、面白かったけど寂しかったというか、変な感情になってしまった。
それだけ、エヴァが終わってしまったことに対する喪失感があるのかもしれない。

でも、アクションシーンなんかはやはり最高に滾るものがあったし、アヤナミの可愛さも最高だった。
戦艦でのバトルシーンなんかきっと庵野監督の趣味が爆発しているんだろうな、と思う。
CGの格闘シーンなんかはもうちょっとなんとかして欲しかったけど・・・

どうしても本作だけの評価というのは難しく、これまでエヴァ全部ひっくるめて大好きな作品です。
きっと、コンプリートBOXとか出ると思うのでそれまでにお金貯めておきます。

2021年 年間ベスト

  1. シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
  2. アメリカン・アニマルズ
  3. リトルミスサンシャイン
  4. スタンドバイミー
  5. メッセージ