君の膵臓をたべたい @Amazonプライム

Twitterで募集したオススメ映画第42弾。
原作気になっていたものの、なんとなく怖さを感じ、読めずにいたもの。
あぁ、なるほど。
怖さを感じていた僕の感性もなかなか捨てたもんじゃないな、と。

解説

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていく。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。大人になった“僕”役を小栗旬、恭子役を北川景子がそれぞれ演じる。「黒崎くんの言いなりになんてならない」などの新鋭・月川翔監督がメガホンをとり、「ホットロード」「アオハライド」など青春映画に定評のある吉田智子が脚本を担当。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=qLCZ5l674pA

ネタバレありの感想

流行作品が嫌いなわけじゃなくて、「流行させるため」が1番になっている作品が嫌い。
どこかで見たような展開で、どこかで聞いたようなセリフ回し。

浜辺美波がとにかくかわいい。
童貞っぽすぎるヒロイン象を浜辺美波が演じる。
こんな贅沢。
ストーリーはがんばって追う必要もなく上辺を見ていればいいだけ。
こんな贅沢。

ベタベタな展開で、いわゆるただのお涙頂戴だけって印象もありますが、友人と少しづつ心を通わせていく様子とかはよかった。
こういうシーンも作れるのに桜良との関係性のありかたはどうしてあんなにも不自然なんだろう。
もちろんフィクションだから不自然なのが全部悪ってわけじゃないけど、人の心を溶かしていくような物語を作りたいんだったらそこにはもうちょっとこだわるべきなんじゃなかろうか、と思うわけですよ、僕。

まぁでも浜辺美波がかわいい。
それだけでも見る価値ある。
それくらい浜辺美波のかわいさには価値がある。

2020年 年間ベスト

  1. アルプススタンドのはしの方
  2. パラサイト 半地下の家族
  3. インターステラー
  4. チョコレートドーナツ
  5. ベイビー・ドライバー
  6. 放課後ソーダ日和
  7. 危険なプロット
  8. ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
  9. 犬猿
  10. ゴーストバスターズ
  11. キャロル
  12. レスラー
  13. ダラス・バイヤーズクラブ
  14. 星の子
  15. 母なる証明
  16. スノーピアサー
  17. TENET
  18. EVA
  19. 全裸監督
  20. バーレスク
  21. スクール・オブ・ロック
  22. ミッドナイト・イン・パリ
  23. 帰ってきたヒトラー
  24. イット・フォローズ
  25. 俺たちに明日はない
  26. エクス・マキナ
  27. 私の男
  28. レインメーカー
  29. Back Street Girls -ゴクドルズ-
  30. ロスト・ボディ
  31. 完全なる報復
  32. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
  33. ジュマンジ
  34. サーチ
  35. her/世界でひとつの彼女
  36. マイガール
  37. 二百三高地
  38. アデライン、100年目の恋
  39. パラノーマル・アクティビティ第2章: Tokyo Night
  40. ハッピー・デス・デイ
  41. セブン・シスターズ
  42. ハッピー・デス・デイ2U
  43. るろうに剣心 京都大火編
  44. るろうに剣心 伝説の最期編
  45. 殿、利息でござる!
  46. 魔女の宅急便
  47. キャビン
  48. インファナル・アフェア
  49. LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
  50. 愛なき森で叫べ
  51. 君の膵臓を食べたい
  52. 悪の教典
  53. スコットピルグリムvs邪悪な元彼軍団
  54. マスカレード・ホテル
  55. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
  56. ランボー
  57. 貞子vs伽倻子
  58. あやしい彼女
  59. 着信アリ
  60. レゴ・ムービー
  61. 世界から猫が消えたなら
  62. こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
  63. 音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
  64. ぼくたちはゆっくり上手にできない