何者

中田ヤスタカそんな好きじゃ無い、と自分では思ってるんですけど、ふとした拍子で中田ヤスタカの曲を聴くと何か耳に残るもの(サウンドもメロディーも)があって、これはきっと本当は好きってことなんでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=Ti0TMOtvUYI

予告編で流れていた曲がなんとなく気になっていて、就活という”面白くなりそうな感じ”のテーマ選びもとてもよかったので、公開日に見てきた。客入りはいまいち。
やっぱり「君の名は。」は特別だったんだなぁ。

感想

この映画を気軽に最後まで見れる大人と僕は仲良くなれる気がしない。ってくらい突き刺さった。
とにかく恥ずかしい。
誰もが主人公拓人のような側面は持っていると信じたい。
誰もがネット上に黒歴史を持っていると信じたい。

“クリエイター”のギンジと隆良、特に隆良が滑稽に描かれていて、あの2人を見て僕は何を思えばよかったんだろう。
誰に感情移入すればよかったんだろう。
僕たちはきっと、拓人であって、里香であって、隆良であるんだと思う。

僕なんかは「ギンジになりたかった」と思ってしまったんだけど、それもきっとどこかかっこつけた感想だと思う。
中田ヤスタカを純粋に好きって言える人間になりたい。

この映画を若い人が見たらどう思うのか、とても興味がある。

Amazon.co.jpで買う
何者
  • 価格   ¥ 2,500
  • 販売者 Amazon.com Int'l Sales, Inc.
Amazon
何者 (新潮文庫)
  • 朝井 リョウ
  • 価格   ¥ 637
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazon

2016年 年間ベスト

  1. シン・ゴジラ
  2. オデッセイ
  3. スポットライト
  4. アイアムアヒーロー
  5. ゴーストバスターズ
  6. 二つ星の料理人
  7. ふきげんな過去
  8. ペット
  9. ミュータントニンジャタートルズ シャドウズ
  10. 君の名は。
  11. 何者
  12. SCOOP!
  13. 64前編
  14. 64後編
  15. 疑惑のチャンピオン
  16. クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
  17. デッドプール
  18. プリキュアオールスターズ
  19. 傷物語I