殿、利息でござる! @Netflix

Twitterで募集したオススメ映画第14弾。
一時期流行った”時代劇×コメディ”。
時代劇に興味が無いので、思い切り守備範囲外だったんだけど、存外面白かった。

解説

「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化。時代劇では初主演となる阿部サダヲほか、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ら豪華キャストが共演。物語の舞台となる仙台出身のフィギュアスケート選手・羽生結弦が、仙台藩の第7代藩主・伊達重村役で映画に初出演を果たした。「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋監督がメガホンをとり、時代劇に本格初挑戦。江戸中期、財政難のため民衆に重税を課す仙台藩では、破産や夜逃げが相次いでいた。寂れ果てた宿場町の吉岡宿でも年貢の取り立てや労役で人々が困窮し、造り酒屋を営む穀田屋十三郎は、町の行く末を案じていた。そんなある日、十三郎は、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治から、藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという、宿場復興のための秘策を打ち明けられる。計画が明るみになれば打ち首は免れないが、それでも十三郎と仲間たちは、町を守るために私財を投げ打ち、計画を進める。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=hK6bw4-2saE

ネタバレありの感想

貧乏な宿場町がお上にお金を貸して、その利息で宿場を潤そうと奮闘する物語。
そこに人情話なんかを織り込んでくるので、辛気臭い話になりそうなところ、瑛太演じる菅原屋篤平治が絶妙にバカで映画をポジティブな雰囲気にしていて心地よい。

阿部サダヲ演じる穀田屋十三郎はずうっと辛気臭いまんまで、阿部サダヲってもっとコメディ俳優の要素が強いかと思ってましたが、そうでもないよね、そういえば。
あんまりカラッとした役柄ってない気がする。

主役は菅原屋篤平治なのかと思っていたら後半は穀田屋十三郎が主役だった。
後半は人情話の様相が強くなり、湿っぽい感じにはなるものの、みんないい人、みたいな感じで辛気臭くは無い。

ナレーションがやたら多く、映画を見ているよりもバラエティを見ているような感覚。
あと、あくまで映画を見ていた印象としては映画の見所かと期待していたお金集めが意外とすんなり行ってしまったのは残念。

全体的には、上品で良き映画。
気軽に楽しめた。

2020年 年間ベスト

  1. パラサイト 半地下の家族
  2. インターステラー
  3. チョコレートドーナツ
  4. ベイビー・ドライバー
  5. 放課後ソーダ日和
  6. 危険なプロット
  7. ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
  8. 犬猿
  9. ゴーストバスターズ
  10. キャロル
  11. レスラー
  12. ダラス・バイヤーズクラブ
  13. 母なる証明
  14. スノーピアサー
  15. EVA
  16. 全裸監督
  17. バーレスク
  18. ミッドナイト・イン・パリ
  19. イット・フォローズ
  20. エクス・マキナ
  21. 私の男
  22. レインメーカー
  23. Back Street Girls -ゴクドルズ-
  24. ロスト・ボディ
  25. 完全なる報復
  26. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
  27. ジュマンジ
  28. her/世界でひとつの彼女
  29. 二百三高地
  30. アデライン、100年目の恋
  31. パラノーマル・アクティビティ第2章: Tokyo Night
  32. ハッピー・デス・デイ
  33. セブン・シスターズ
  34. ハッピー・デス・デイ2U
  35. るろうに剣心 京都大火編
  36. るろうに剣心 伝説の最期編
  37. 殿、利息でござる!
  38. キャビン
  39. インファナル・アフェア
  40. LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
  41. 愛なき森で叫べ
  42. 悪の教典
  43. スコットピルグリムvs邪悪な元彼軍団
  44. マスカレード・ホテル
  45. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
  46. ランボー
  47. 貞子vs伽倻子
  48. あやしい彼女
  49. 着信アリ
  50. レゴ・ムービー
  51. 音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
  52. ぼくたちはゆっくり上手にできない