あやしい彼女 @Netflix

作業しながらのBGM(Back Ground Movie)なので、内容の薄そうなものを。
多部未華子かわいい!っていう映画。

韓国映画「怪しい彼女」のリメイクだそうです。
「パラサイト 半地下の家族」のこともあったし、韓国映画見なきゃだな。

あらすじ

20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じる。女手ひとつで娘を育てあげ、自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、ある日、娘とケンカして家を飛び出すい。吸い寄せられるように1軒の写真館にたどり着いたカツは、そこで写真を撮り、店を出ると20歳の姿に戻っていた。かつての美しい姿を取り戻したカツは、髪型や洋服、さらに名前も節子と変え、新しい人生を楽しみはじめる。やがて商店街ののど自慢大会に出場し、昭和歌謡を熱唱して会場中を魅了した彼女に、夢見ていた歌手になるチャンスが舞い込む。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=kH2ElNeACjQ

ネタバレありの感想

多部未華子がかわいい!
とにかくそれに尽きる映画なんですが、やっぱり映画で歌を扱うというのはなかなか難しいものがありますね。

色々な人が多部未華子の歌に一聴して引き込まれているんだけど、そこまで魅力的な歌声ではない。
おばあちゃんが若返って多部未華子になっているので、歌謡曲を現代的にアレンジして歌うんだけど、それがいまいち現代的でもなくて、なんとも消化不良な感じ。

ライブシーンはひどかった。
なんだあのコールアンドレスポンスは。
あのバンドにとって新曲じゃないの?なんで客全員歌えるの?
そしてあのどポップな曲がとにかくよく無い。
退屈。

評判をみるとオリジナルの韓国版の方が好き、という人が多いですね。
まぁ、ファーストインパクトってのもあるでしょうけど、日本版は色々と失笑してしまうシーンも多かったので、韓国版ですっきり笑えるのならそっちも見たいな。
やっぱり日本でコメディってのは難しいのかな。
何より数々のコメディ映画をコメディと捉える人が少ないことが問題なんだと思うんだよね。
なんというかコメディを下に見ている感じがする。

2020年 年間ベスト

  1. パラサイト 半地下の家族
  2. ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
  3. 全裸監督
  4. るろうに剣心 京都大火編
  5. るろうに剣心 伝説の最期編
  6. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
  7. ジュマンジ
  8. 愛なき森で叫べ
  9. あやしい彼女
  10. ぼくたちはゆっくり上手にできない