愛なき森で叫べ @Netflix

園子温はそんなに見てない。興味は結構あるんだけどな。
「リアル鬼ごっこ」と「TOKYO TRIBE」くらい?
そして、これまでの感覚で言うと園子温好きじゃないかもしれん。
「愛のむきだし」とか「冷たい熱帯魚」見てみないとな。

あらすじ

「愛のむきだし」の鬼才・園子温によるNeflixオリジナル映画。実在の猟奇殺人事件にインスパイアされて描いたサスペンススリラー。1995年、東京。愛知県から上京してきた家出少年シンは、若者たちによる自主映画の撮影に参加することになり、知人の妙子と美津子に出演を依頼する。彼女たちは高校時代、憧れのクラスメイトが交通事故死した事件からいまだに逃れられずにいた。世間が銃による連続殺人事件に震撼する中、引きこもりとなっていた美津子のもとに、村田という男から電話がかかってくる。「10年前に借りた50円を返したい」という村田に不審感を抱く美津子だったが、紳士的な彼に次第にひかれていく。しかし村田の正体は、冷酷な詐欺師だった。妙子の姉も村田にだまされていたことから彼の本性を知ったシンたちは、村田を主人公にした映画を撮り始めるが……。作中には過去の園監督作を彷彿させるシチュエーションや同じ名前の人物が次々と登場。巧みな話術で人の心を操る詐欺師・村田を「新宿スワンII」の椎名桔平、家出少年シンを「キングダム」の満島真之介、美津子の父を「冷たい熱帯魚」のでんでん、母を元宝塚歌劇団の真飛聖がそれぞれ演じる。Netflixで2019年10月11日から配信。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=ybsrYkz0V0A

ネタバレありの感想

実際にあった事件から着想を得た作品ということで、どれだけ胸糞な感じかと思いきや、すごくフィクションっぽい演出でそこまでの嫌悪感は無し。
そこで「園子温逃げた」と思ってしまった。
「着想を得た」と言っているからにはもっと真正面からあの事件に向き合って欲しかった。
なんと言うか、着想を得ただけなんですよね。まぁ、嘘ついてるわけじゃないけど。

あまりにフィクション的になっているせいで、感情移入なんかもできず、誰の死にも悲しみは少なめ。
死がフィクション的すぎていて、あくまで物語の中の装置みたいな感じなんですよね。
実際にあった事件を覚悟して見ているのでそのギャップは悪い方にしかいかなかった。
グロテスクさが絵作りだけな印象で終わってしまった。

実際にあった事件に着想を得たことを全面に押し出してなければもうちょい違った感想だっただろうな。

2020年 年間ベスト

  1. アルプススタンドのはしの方
  2. パラサイト 半地下の家族
  3. インターステラー
  4. チョコレートドーナツ
  5. ベイビー・ドライバー
  6. 放課後ソーダ日和
  7. 危険なプロット
  8. ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
  9. 犬猿
  10. ゴーストバスターズ
  11. キャロル
  12. レスラー
  13. ダラス・バイヤーズクラブ
  14. 母なる証明
  15. スノーピアサー
  16. EVA
  17. 全裸監督
  18. バーレスク
  19. スクール・オブ・ロック
  20. 帰ってきたヒトラー
  21. イット・フォローズ
  22. 俺たちに明日はない
  23. エクス・マキナ
  24. 私の男
  25. レインメーカー
  26. Back Street Girls -ゴクドルズ-
  27. ロスト・ボディ
  28. 完全なる報復
  29. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
  30. ジュマンジ
  31. her/世界でひとつの彼女
  32. 二百三高地
  33. アデライン、100年目の恋
  34. パラノーマル・アクティビティ第2章: Tokyo Night
  35. ハッピー・デス・デイ
  36. セブン・シスターズ
  37. ハッピー・デス・デイ2U
  38. るろうに剣心 京都大火編
  39. るろうに剣心 伝説の最期編
  40. 殿、利息でござる!
  41. キャビン
  42. インファナル・アフェア
  43. LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
  44. 愛なき森で叫べ
  45. 悪の教典
  46. スコットピルグリムvs邪悪な元彼軍団
  47. マスカレード・ホテル
  48. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
  49. ランボー
  50. 貞子vs伽倻子
  51. あやしい彼女
  52. 着信アリ
  53. レゴ・ムービー
  54. こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
  55. 音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
  56. ぼくたちはゆっくり上手にできない