全裸監督 @Netflix

超、話題作。
今更見ました。
ちょっと色々あってNetflixを再開する必要に迫られたので今更「全裸監督」を。
話題になるだけあるインパクトの強いテーマと純粋な面白さが強かった。

まずやっぱり、山田孝之、すごくいい役者さんだと思う。
お金もすごくかかっているようだし、エンタメ感も強くとにかく全8話ずうっと楽しかった。
第2期の制作も決定したとか噂を聞いたことがあるので、すごく楽しみ。楽しみ。

あらすじ

バブル景気に沸く1980年代の日本を舞台に、「AVの帝王」と呼ばれ、アダルトビデオ業界に旋風を巻き起こした伝説の男・村西とおるの破天荒な生き様を描くNetflixオリジナルシリーズ。2019年8月8日から配信開始(全8話)。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=VpqkS5kXogY

ネタバレありの感想

伝説のAV監督である村西とおるさんの伝記をドラマ化、ということで濡れ場もしっかりとある。
濡れ場を撮影するためのあれこれなんかもすごく楽しい。
前貼りを貼るシーンや、擬似の精液を作って注射器で飛ばすシーンなんかはバクマン。で言われていた「真面目な笑い」そのものだ。

性差別について色々と問題になる近頃にこういう作品が素晴らしい出来で作られた、というのはとても意味のあることだと思う。
女性が犠牲になって商品として消化されてしまうのは、もちろん褒められることではないのは当然なんだけど、本作では黒木香という伝説的な女優の目を通して自由や愛をしっかりと語ってくれている。
それは”AV女優”という仕事に対して悲観的な部分は全くなくて、こういう生き方も一つの道としてあり、と思ってしまうのは僕が男だからかもしれない。というところまでは感じさせてくれる。
何か、考えるきっかけをくれる作品は貴重だ。

黒木香が自由や愛を語るのに対し、村西とおるが語るのは仕事。
今の時代ではブラックと言われてしまいそうな仕事哲学であるが、芸術を作るというのはこういうことかもしれない。
しかし、村西とおるはしっかりと商品を作っている様がかっこいい。
商品に自分の芸術性を出来るだけ込めようとする様は仕事に対する姿勢として正しいものだ。

山田孝之の演技はやっぱりいいと思うし、満島真之介もすごくよかった。
小雪だけがこのドラマの穴だ。

すごく良き。楽しかった。
また見よう。

2020年 年間ベスト

  1. パラサイト 半地下の家族
  2. ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
  3. 全裸監督
  4. るろうに剣心 京都大火編
  5. るろうに剣心 伝説の最期編
  6. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
  7. ジュマンジ
  8. 愛なき森で叫べ
  9. ぼくたちはゆっくり上手にできない