はじまりはヒップホップ @Amazonプライム

シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を見た時も感じたんだけど「映画ってこういうのでいい」。
とにかくただただ楽しい。終始笑顔になってしまう。

平均83歳のヒップホップダンスグループが世界大会を目指すというドキュメンタリー映画。
ドキュメンタリー映画ではテーマ選びが一番と言ってもいいくらい大事なんでしょうけど、「はじまりはヒップ・ホップ」は、まずそこが成功していると思う。

あらすじ

平均年齢83歳のギネス公認世界最高齢ダンスグループが、世界最大のヒップホップ選手権へ挑戦する姿を追い、第30回サンタバーバラ国際映画祭で観客賞を受賞したドキュメンタリー。ニュージーランド・ワイヘキ島で誕生したダンスグループ「The Hip Op-eration Crew」。94歳のスターダンサーをはじめ、元軍曹や杖なしでは歩けない人、ほとんど目が見えない人など、メンバーの平均年齢は83歳。振り付けを覚え、踊ることすら一苦労という彼らの目標はラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること。そんな彼らの挑戦はテレビや新聞でも大きく報じられ、ミュージックビデオの撮影や楽曲提供のオファーが舞い込むなど、年齢の壁を越えて多くの人を動かしていく。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=7OdDlNHR4oI

感想

ドキュメンタリーではあるけど、ただただ単純に楽しめる作品だと思う。

ドキュメンタリー映画ということもあるんだろうけど、無駄に過剰な演出もなく、感動させてやろうという意思や、生きることの尊さや年老いてから新しいことを始めることの素晴らしさ必要以上に訴えている訳でもなくてフラットに彼ら、彼女らの挑戦に笑顔になってしまうだけ。
明るい画面作りで、登場人物達もずうっと明るいまま、過去の話なんかも必要以上にドラマチックに掘り下げる訳でもなく、本当におじいちゃんやおばあちゃんが昔の話を聞かせてくれるような感覚。

生きることの意味、というか、こういう風に年を取れたら幸せだな。とか、年をとった時にもこんな仲間に囲まれていられたらとても幸せだな。とか。そんなことは考えてしまうけど、それよりも単純に彼ら、彼女らの挑戦やダンスに感動して、何よりも彼ら、彼女らの絡みに笑ってしまう。
ただそれだけ。
ただただ楽しいだけ。
爽快で心地よい名作。
大好き。

2019年 年間ベスト

  1. メランコリック
  2. 運び屋
  3. はじまりはヒップホップ
  4. 真実
  5. グリーンブック
  6. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  7. HELLO WORLD
  8. さようなら歌舞伎町
  9. ペット2
  10. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  11. 美少女戦士セーラームーンR
  12. 海街diary
  13. BIRD BOX
  14. 42 -世界を変えた男-
  15. WOOD JOB! 神去なあなあ日常
  16. アイネクライネナハトムジーク
  17. ロケットマン
  18. あさひなぐ
  19. 今夜、ロマンス劇場で
  20. 西の魔女が死んだ
  21. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
  22. 斉木楠雄のΨ難
  23. 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  24. 羊の木
  25. スマホを落としただけなのに
  26. 人生逆転ゲーム
  27. Diner ダイナー
  28. 家族ごっこ