真実

怒っている。
僕は怒っている。
「真実」がめちゃめちゃよかったんだ。
どうしてこれが、日本で撮影できなかったんだ。

万引き家族」が最高だったので、すごく期待していた「真実」。
これがまた最高だった。
めちゃめちゃ面白かった。
劇中劇を繰り広げながら少しづつだけど確かに進んでいく物語。
この確かに進んでいく感覚が快感ですらあった。

あらすじ

「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、初めて国際共同製作で手がけた長編作品。母と娘の間に隠された真実をめぐる物語を、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演で描く。フランスの国民的大女優ファビエンヌが自伝本「真実」を出版し、それを祝うためという理由で、アメリカに暮らす脚本家の娘リュミールが、夫でテレビ俳優のハンクや娘のシャルロットを連れて母のもとを訪れる。早速、母の自伝を読んだリュミールだったが、そこにはありもしないエピソードが書かれており、憤慨した彼女は母を問いただすが、ファビエンヌは意に介さない。しかし、その自伝をきっかけに、母と娘の間に隠されていた愛憎渦巻く真実が次第に明らかになっていく。女優として優れていることを何よりも優先するファビエンヌをドヌーブ、娘のリュミールをビノシュが演じた。そのほかリュミールの夫ハンク役でイーサン・ホーク、ファビエンヌの共演女優役でリュディビーヌ・サニエら実力派キャストが顔をそろえる。2019年・第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品。日本人監督の作品として初めて、同映画祭のオープニング作品として上映される。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=guXGdMh2QxY

ネタバレありの感想

ベテラン女優ファビエンヌが「真実」というタイトルで自伝を出版することになり、娘リュミールとその夫のハンク、そしてファビエンヌから見て孫のシャルロットがお祝いにファビエンヌの家を訪ねる。という物語。
リュミールがその自伝を読むと嘘に塗れた自伝であることに気づき、それをきっかけに母と娘を中心に様々な確執が浮き彫りになっていく、というもの。
正直なんか地味だな、と思いつつ、観ているとだんだんと世界に没頭していくのを感じた。

劇中劇を挟みつつ彼女らの関係性も少しづつ変わっていく。
「どこがいい」とか言語化することができないんだけど、その感覚がとにかく不思議に心地よくて、少し不安定で、そういうところが非常に日本映画らしいというか、これが是枝監督らしさ、なのかしらん。

「万引き家族」は「家族の繋がり」を描いた作品でしたが、「真実」も同じように「繋がり」がテーマ。
家族という枠だけではなく、リュックやマノン、サラなんかも含まれていて、広そうに見えるが、あくまでファビエンヌという一人の女優に強くスポットライトを当てている構成のおかげでとても個人的で閉鎖的な関係性が見えてくる。

なんとも言いづらいんだけど、とにかくめちゃくちゃよかったんである。
どうして、こんな名作を日本で撮影してくれなかったんだろう。
誇らしさと悔しさを感じてしまった。
それでも、観終わって1週間以上経った今も、「面白かった」と素直に言える。

2019年 年間ベスト

  1. メランコリック
  2. 運び屋
  3. はじまりはヒップホップ
  4. 真実
  5. グリーンブック
  6. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  7. HELLO WORLD
  8. さようなら歌舞伎町
  9. ペット2
  10. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  11. 美少女戦士セーラームーンR
  12. 海街diary
  13. BIRD BOX
  14. 42 -世界を変えた男-
  15. WOOD JOB! 神去なあなあ日常
  16. アイネクライネナハトムジーク
  17. ロケットマン
  18. あさひなぐ
  19. 今夜、ロマンス劇場で
  20. 西の魔女が死んだ
  21. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
  22. 斉木楠雄のΨ難
  23. 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  24. 羊の木
  25. スマホを落としただけなのに
  26. 人生逆転ゲーム
  27. Diner ダイナー
  28. 家族ごっこ