アイネクライネナハトムジーク

伊坂幸太郎の原作は未読。積ん読です。あいすません。
やっぱりかっこいいな、伊坂幸太郎。
伊坂幸太郎はすぐにかっこつける。

かっこつけるって、なんだかかっこ悪いようにも見えるけど、かっこつけないやつよりかはかっこいいと思うんですよね。
だから、伊坂幸太郎は割と好き。

あらすじ

ベストセラー作家・伊坂幸太郎による小説を、三浦春馬と多部未華子の共演、「愛がなんだ」の今泉力哉監督のメガホンで映画化した恋愛群像劇。仙台駅前で街頭アンケートを集めていた会社員の佐藤は、ふとしたきっかけでアンケートに応えてくれた女性・紗季と出会い、付き合うようになる。そして10年後、佐藤は意を決して紗季にプロポーズするが……。佐藤と紗季を中心に、美人の同級生・由美と結婚し幸せな家庭を築いている佐藤の親友・一真や、妻子に逃げられて途方にくれる佐藤の上司・藤間、由美の友人で声しか知らない男に恋する美容師の美奈子など周囲の人々を交えながら、不器用でも愛すべき人々のめぐり合いの連鎖を10年の歳月にわたって描き出す。映画の中でもキーとなる主題歌「小さな夜」と劇中音楽を、シンガーソングライターの斉藤和義が担当した。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=YNu6ssYjrAw

ネタバレありの感想

周りで見た人に出会っていないのですが、ネットで見ると割と評判がいい今作。
ですが、僕は正直いまいちだったな。
ストーリー的には、正義とか無い時の伊坂幸太郎で些か地味な感じを受けたし、やけに恋愛恋愛していて、今の気分でもなかった。
もっとハッピーな気持ちの時に見たら感想も変わるかも。

この映画は「『あの時、あそこで出会ったのが彼女でよかった』って思うのがすごいことなんだよ」ってセリフに全てが込められていて、それを登場人物たちが再確認するだけ、といえばそれだけの映画。
こういうところすごく伊坂幸太郎っぽくて好きです。
そういう意味では伊坂幸太郎っぽい世界観をすごくよく作っていたと思う。

ボクシングの試合シーンと原田泰造が最後、桜を触るシーンがすごくダサくてそこは残念。
仙台だから、ってこともあるのかもしれないけど、サンドウィッチマンがモロ出ていてそこも残念。
いや、サンドウィッチマンは本当に大好きなんだけど、ああいう使い方はどうなのかな。プロモーション的すぎないかしらん・・・
使うならもっとちゃんと効果的に使って欲しい。あれだけインパクトのある2人なんだから。

でも、多部未華子超絶かわいかった。
森絵梨佳も超絶かわいかった。

2019年 年間ベスト

  1. メランコリック
  2. 運び屋
  3. グリーンブック
  4. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  5. HELLO WORLD
  6. さようなら歌舞伎町
  7. ペット2
  8. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  9. 美少女戦士セーラームーンR
  10. BIRD BOX
  11. 42 -世界を変えた男-
  12. WOOD JOB! 神去なあなあ日常
  13. アイネクライネナハトムジーク
  14. ロケットマン
  15. あさひなぐ
  16. 西の魔女が死んだ
  17. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
  18. 斉木楠雄のΨ難
  19. 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  20. 羊の木
  21. スマホを落としただけなのに
  22. 人生逆転ゲーム
  23. Diner ダイナー
  24. 家族ごっこ