ロケットマン

エルトンジョンの半生を描いたミュージカル映画「ロケットマン」。
「ボヘミアン・ラプソディ」は結局見ていないんだけど、こっちは見てみることに。映画の日だったし。

なんというか、「面白くない」と言いづらい映画だった。
もちろん、見所はたくさんあるし、なにより「Your Song」や「Rocket Man」などなど名曲すぎるほどの名曲が聞けるってだけで充分に幸せだった。

解説

グラミー賞を5度受賞したイギリス出身の世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。並外れた音楽の才能でまたたく間にスターへの階段を駆け上がっていった一方で、様々な困難や苦悩にも満ちたエルトン・ジョンの知られざる半生を、「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や「ロケット・マン」など数々のヒット曲にのせたミュージカルシーンを交えて描いていく。イギリス郊外の町で両親の愛を得られずに育った少年レジナルド(レジー)・ドワイトは、唯一、音楽の才能には恵まれていた。やがてロックに傾倒し、ミュージシャンを目指すことを決意したレジーは、「エルトン・ジョン」という新たな名前で音楽活動を始める。そして、後に生涯の友となる作詞家バーニー・トーピンとの運命的な出会いをきっかけに、成功への道をひた走っていくが……。日本でも社会現象となった大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」で、降板した監督に代わり映画を完成させたデクスター・フレッチャーがメガホンをとり、「キングスマン」シリーズのマシュー・ボーンが製作を担当。同じく「キングスマン」シリーズでブレイクしたタロン・エガートンがエルトン役を務め、吹き替えなしで歌唱シーンもこなした。エルトン・ジョン本人も製作総指揮に名を連ねている。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=OfDUodF0j9E

ネタバレありの感想

エルトンジョンがどんな人生を送ってきたのか、というのは全くしらなかった。
知っていたのは、同じ作詞家とずうっと一緒にやっているのと、同性愛者だってことくらい。
それくらいの知識。

エルトンジョンを演じたのが、タロン・エガートンという人だそうで、キングスマンの人なのね。
これがよく似ていた。
俳優さんってすごいな。

ミュージカルということで、リアリティを求めるのはもう違うんでしょうけど、演出が奇抜で過剰すぎたのが何より楽しめなかった。
ピアノを弾きながらスローで浮かび上がったり、ステージをぐるぐると回しまくったり、水中で歌ったり。
一気に気持ちが冷めてしまったのが、足にロケットが点火し、空に飛び上がるシーン。飛び上がったエルトンジョンはそのまま飛行機にぶつかり花火になってしまう。・・・意味がわからなすぎるし、映像的に魅力的なわけでもない。
こういう意味のわからなさがエルトンジョンらしさなのかもしれないけど、それだったら「イエローサブマリン」のような映画にしてくれたらよかったのに。

ミュージカルシーンはダンスもいいし、もちろん曲はめちゃめちゃ名曲ばかりで最高。
どうしても演出が過剰すぎた気がするなー。

I’m Still Standing

タロン・エガートンって「SING」のこいつか。
これすごいよかったし「SING」のおかげで「ROCKETMAN」でもエルトンジョン役に選ばれたのかな。
あ、「SING」見たくなってきた。

https://www.youtube.com/watch?v=ai8mhPpOUWA

Your Song

やっぱりYour Songは歴史的な名曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=GlPlfCy1urI

2019年 年間ベスト

  1. メランコリック
  2. 運び屋
  3. グリーンブック
  4. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  5. さようなら歌舞伎町
  6. ペット2
  7. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  8. BIRD BOX
  9. 42 -世界を変えた男-
  10. ロケットマン
  11. あさひなぐ
  12. 西の魔女が死んだ
  13. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
  14. 斉木楠雄のΨ難
  15. 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  16. 羊の木
  17. 人生逆転ゲーム
  18. Diner ダイナー
  19. 家族ごっこ