メランコリック

本当に本当に最高だった。
なんとなく映画が見たいと思って、時間を見たらちょうどいいのが「メランコリック」だったので、ってきっかけで見たので、前情報とかも全くない状態で見たんだけど、本当に本当に最高だった。

「第2の『カメ止め』」と呼ばれているようで、それもわかる。
「メランコリック」もすごいことになりそうな気もする。
でも、これがインディーとか監督が働きながら撮ったとか役者も無名ばかりとかそういうの全部抜きにして、単純に映画としてエンターテインメントとして最高だった。
日本人であることを誇りに思えたし、字幕も吹き替えも無しで見れたことを感謝。
本当に最高だったので、全ての人に見て欲しい。

あらすじ

バイトを始めた銭湯は、深夜に風呂場で人を殺していた――!?
名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦。ある夜たまたま訪れた銭湯で高校の同級生・百合と出会ったのをきっかけに、その銭湯で働くこととなる。そして和彦は、その銭湯が閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。そして同僚の松本は殺し屋であることが明らかになり…。
引用:公式サイト

https://www.youtube.com/watch?v=JES4SlS0KuQ

ネタバレありの感想

「カメ止め」と似た勢いのようなものを感じることはできる。
「カメ止め」もそうだったけど「メランコリック」も劇場内で笑いが起きていた。
でも、鑑賞後僕が思い出したのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見た時のようなドキドキ、笑い、感動、全部が入っていた。
ジャンル分けが出来ないんだよね。
コメディ要素もあるし、もちろんホラー&サスペンスでもある。
ホームドラマも、青春要素もあるし、バディ物でも、お仕事ものでもある。

映画が始まって、まず思ったのは映画との距離感。
これが絶妙で、完全にフィクション感がある。
リアリティが無いとかじゃなくて(むしろ人間模様なんかはすごくリアル)、フィクションあるあるというか、ステレオタイプな部分とか、様々な物語ですでに描かれた部分をうまく切り取っていて、しかもその視線がちょっとひねくれているのか、どことなく映画との距離感を感じていた。
主人公である和彦が東大出身のニート、で家族ともうまくやれていないってところからして画面の向こう側感がすごい。
映画が始まってすぐ、「僕はなんかすごいものを見ているんじゃないか?」感がすごくあったんですけど、それが確信に変わったのが、同窓会のシーン。
ふとしたきっかけで高校時代の同級生の副島さんと再開し同窓会に参加。
そこで副島さんとなんかラブコメっぽい感じで、階段に2人で座り、人が通る時に副島さんとくっつしてしまういわばラッキースケベ的なシーン。
あのシーンで「この映画はすごい」と変わった。
フィクションとしての距離感は保ったまま完全に世界にどっぷり浸る。
この感覚はちょっとなかなか他では味わえない感覚だった。
そういう意味では唯一無二な作品だろう。

アクションシーンもびっくり。
邦画でこんなアクションシーンが見れるんだ。
まぁ、普段アクション映画を全くと言っていいほど見ないから知らないだけなのかもしれないけど。
とにかく、アクションシーンも最高にかっこよくて、副島さんとのラブコメもなんか鼻の奥がツーンとなった。
そんな中、ところどころで笑っちゃう。
もうこの時点で最高に楽しくて最高な映画なんだけど、映画後半”田中を殺しに行く”と決めてからさらに大きく話が動く。
東さんの裏切りには本当にびっくりしたし、松本を救いに和彦が田中の家に乗り込んだ時は心踊った。

松本を救うために親に頼り、無事助かったのも本当に嬉しかったし、松本の「一番うまいうどんでした」って場面で口の中で感動が爆発した。

本当に最高の映画だった。
本当にみんなに見て欲しい。
最高最高最高。

2019年 年間ベスト

  1. メランコリック
  2. 運び屋
  3. グリーンブック
  4. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  5. さようなら歌舞伎町
  6. ペット2
  7. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  8. 美少女戦士セーラームーンR
  9. BIRD BOX
  10. 42 -世界を変えた男-
  11. WOOD JOB! 神去なあなあ日常
  12. アイネクライネナハトムジーク
  13. ロケットマン
  14. あさひなぐ
  15. 西の魔女が死んだ
  16. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
  17. 斉木楠雄のΨ難
  18. 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  19. 羊の木
  20. スマホを落としただけなのに
  21. 人生逆転ゲーム
  22. Diner ダイナー
  23. 家族ごっこ