ペット2

山口土下座のワンマンを見た後、ギリギリ間に合いそうだったので、映画館へ。
期限の間近な無料券があったので、映画館へ。
そしてずうっとずうっと楽しみにしていた「ペット2」を。

大好きなイルミネーションの作品ということで、見る前から評価は高いんですけど、やっぱり面白かった。
イルミネーションの持つ毒が好きなんだけど、「グリンチ」もそうだったし前作「ペット」もそうだったけど、だいぶ健全でそういう面が少なくてそこは少し残念。
それでもやっぱり映像の美しさやなんかはため息ものだし、テンポの早い物語構成も最高。

解説

「ミニオンズ」「SING シング」のイルミネーション・エンターテインメントが手がけ、飼い主がいない間のペットたちが巻き起こす騒動を描いた人気アニメ「ペット」のシリーズ第2弾。ニューヨークを舞台に犬のマックスとデュークをはじめとした個性的なペットたちが、新たな仲間を加えて、さらなる大騒動を巻き起こす。監督は前作「ペット」や「怪盗グルー」シリーズを手がけてきたクリス・ルノー。日本語吹き替え版声優は、マックスとディーク役を務めるお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統&日村勇紀をはじめ、佐藤栞里、永作博美、沢城みゆき、中尾隆聖らが前作から続投した。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=5j_SgF1PDxs

ネタバレありの感想

マックスとデュークを担当しているのは前作に続きバナナマンの2人。
バナナマンも大好きだし、ってこともあって吹き替えで見てきたんですけど2人とも上手。
特に日村さん。
頭は良くないけど、素直で友達想いのデュークのキャラクターにあった声。
一聴して日村さんとわかるんだけど、ちゃんと声優しているというか、日村さんの顔が浮かんでしまうようなことはなく、映画にちゃんと集中できた。

今回は大きくわけて3つの物語が行ったり来たり。

主人公であるマックスは、飼い主のケイティにリアムという子供が生まれ、そんなリアムを守るためにストレスを貯めてしまいポスターにもあるエリザベスカラーをつけられることに。
そしてストレス解消のため、みんなで家族旅行に。
そこで出会った牧羊犬のルースターとのふれあいで成長していく。

そんなマックスに想いを寄せるポメラニアンのギジェットはマックスから預かったミツバチくんというおもちゃを、とある猫だらけの家で紛失してしまう。
そこで、クロエに猫になる方法を学び、ミツバチくんを救出しに行く。

前作から変わってすっかり善玉となったスノーボールは、キャプテンスノーボールとしてシーズー犬のデイジーの依頼でサーカスに囚われているホワイトタイガーのフーを救出に。
無事救出するものの、ニューヨークへやってきた追っ手にまた捕まってしまうフー。

と、3つの場面を平行して見せつつ、それぞれのキャラクターが成長だったり変化していく様を描きつつ、マックスたちがニューヨークに戻ることで、話は一つに収束していく。
というには、ちょっと話の繋がりは薄い感じはします。
が、それでもペット達の生き生きとした動きや細かい笑いどころなんかはやっぱりすごく面白くて、ずうっと楽しい90分だった。

そう、90分なんですよね。
他のところが作ったらとても2時間にも収まらないような展開の多さ。
そのせいでエピソードが弱くなってるとも言えるし、デュークの出番がやけに少なくもなっていて寂しい想いもしちゃう。
でもこのテンポ感やごちゃごちゃして賑やかな感じはやっぱり他には無い魅力になっていると思う。

2019年 年間ベスト

  1. メランコリック
  2. 運び屋
  3. はじまりはヒップホップ
  4. 真実
  5. グリーンブック
  6. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  7. HELLO WORLD
  8. さようなら歌舞伎町
  9. ペット2
  10. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  11. 美少女戦士セーラームーンR
  12. 海街diary
  13. BIRD BOX
  14. 42 -世界を変えた男-
  15. WOOD JOB! 神去なあなあ日常
  16. アイネクライネナハトムジーク
  17. ロケットマン
  18. あさひなぐ
  19. 今夜、ロマンス劇場で
  20. 西の魔女が死んだ
  21. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
  22. 斉木楠雄のΨ難
  23. 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  24. 羊の木
  25. スマホを落としただけなのに
  26. 人生逆転ゲーム
  27. Diner ダイナー
  28. 家族ごっこ