22年目の告白 -私が殺人犯です- @Amazonプライム

公開当時気になっていたものの、実際はそんなに興味がなくて結局見に行かなくて、小説版だけ読んでいた
小説版は期待をしていなかったにしては、思ったより面白かった覚えがあるものの映画版はなんともまぁ・・・・・・

解説

藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督がメガホンをとり、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件を引き起こす様子を描き出す。1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。告白本を出版する美しき殺人犯・曾根崎役を藤原が、事件発生時から曾根崎を追い続ける刑事・牧村役を伊藤がそれぞれ演じる。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=TMqfiw0omdw

ネタバレありの感想

小説版との大きな違いは、小説版が編集者の視点が主なのに対し、映画版はW主演である伊藤英明と藤原竜也の視点が主。
主役をいっぱい出さなきゃいけない、というのは映画の大きな枷の一つだ。
でも、映画だとこのW主演2人からの視点を主にしても隠すこと(切ること)ができる情報を取捨選択できるのは大きな利点の一つだ。
そういう視点の使い方やとにかく早いテンポでシーンが切り替わっていく演出は映画の雰囲気と合っていてよかった。
しかし、BGMというかSEというか、音の扱いは下手。

しかし、やっぱりこういう映画での(あえてこういう下品な物言いにしてしまうが)群衆の扱いの酷さはなんとならないものかな。
殺人犯をソネ様と呼び、アイドルのように扱う人々。
「絶歌」の騒動のことを考えると日本国民はそこまで画一的な馬鹿ばかりじゃない。
と思いつつ、メディアの切り取りかたって本当にこういうものなんだろう。
そろそろ映像関係者は、映像の持つ力が弱まっていることをもっと認識した方がいい。

2019年 年間ベスト

  1. 運び屋
  2. グリーンブック
  3. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  4. BIRD BOX @Netflix
  5. 42 -世界を変えた男- @Amazonプライム
  6. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧- @Amazonプライム
  7. 斉木楠雄のΨ難 @Amazonプライム
  8. 22年目の告白 -私が殺人犯です- @Amazonプライム
  9. 家族ごっこ @Netflix