グリーンブック

アカデミー作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞した「グリーンブック」。
評価が高いだけあって、とても良き作品だった。

解説

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。トニー役に「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化した。監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=awUd_khNEcc

ネタバレありの感想

アカデミー助演男優賞を受賞したからという目で見てしまっていたからかもしれないけど、黒人ピアニスト、ドクター・シャーリー役のマハーシャラ・アリがとにかく素晴らしかった。
気品のある黒人で、鼻につく部分はきちんと鼻につくものの、時折見せるかわいらしい面なんかはちゃんと可笑しく可愛らしく見える。
みんなそう思っただろうけど、ケンタッキー州でフライドチキンを初めて食べるシーンなんか特に素晴らしかったし、ピアノの演奏シーンなんかはどれもすごくよかった。
もりとん、ドクター・シャーリーに対比する主役のトニー・リップ役のビゴ・モーテンセンも、粗暴ながら友達想い、という映画版のジャイアンのようなキャラクターで分かりやすく凸凹コンビな感じはバディものとして最高。

映画が終始語るメッセージは差別。
42~世界を変えた男~」の時にも感じたけど、こういうテーマの映画を見るたびに驚いてしまう。
現代の日本となっては当たり前なんだけど、なぜ同じ人間でこんな扱いをうけなければいけないのか。
そして、その差別をしている人々に後ろめたさを感じないのがまた怖い。

そんな人種差別をテーマにしつつも重くならず、あくまでコメディとして、描き切ってくれたのはとてもよかった。
手紙のシーンなんかは、正直賛否両論あるかと思う。
トニー・リップが書いた(下品で教養の無い)手紙をドクター・シャーリーが添削してしまう。
自分の言葉で語らない手紙になんの意味があるのか、ドクター・シャーリーがそこまで偉いのか。
そしてそんな手紙をもらって喜んでいるトニー・リップの妻であるドロレス。
映画の間、そこには何か切ないものを感じていたんだけど、ラストシーンでドクター・シャーリーに抱き付き耳元で「手紙ありがとう」とつぶやくことで全てがいい方向に捉えることが出来た。
ドロレスは手紙の内容を考えていたのがドクター・シャーリーだと気付いていた。
それでもうれしかったのは、「トニー・リップとドクター・シャーリーがうまくやっている」ことが嬉しかったんだと思う。
序盤の黒人が家に来るから、とドロレスを守るために親族がトニー・リップの家に集まるシーンも、黒人差別を見せながら(友人の妻である)ドロレスのために労力を惜しまないというのが、彼らなりの友情だったという表れでもあるんだと思う。
そして、そこにドクター・シャーリーも加わったということだ。

まぁ、そうなるだろうなと思った、最後ドクター・シャーリーが車の運転を変わるシーンや、辞退したクリスマス会にやってくるシーンなどベタだからこそ最高に最高だった。
鳥肌立ちまくった。
いい映画見たなぁ。幸せだ。

2019年 年間ベスト

  1. メランコリック
  2. 運び屋
  3. グリーンブック
  4. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  5. さようなら歌舞伎町
  6. ペット2
  7. 映画ドラえもん のび太の月面探査記
  8. BIRD BOX
  9. 42 -世界を変えた男-
  10. あさひなぐ
  11. 西の魔女が死んだ
  12. DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
  13. 斉木楠雄のΨ難
  14. 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  15. 人生逆転ゲーム
  16. Diner ダイナー
  17. 家族ごっこ