グリンチ(2018)

ミニオン大好き。イルミネーション大好き。
そんなイルミネーションの2018年のクリスマス映画。

これまでにもまして子供向けに作られていて、捻くれ者のグリンチが主役のわりにはイルミネーション得意の毒が少なめ。
「グリンチ」はもともとドクター・スースという作家の絵本からだそうで、アメリカではサンタに並ぶ代表的なクリスマスのキャラクターだそう。
2000年にはジム・キャリー主演で実写映画化もされているそう。
そっちも見てみたいな。

近所の映画館だと吹き替えしかやってなかったんだけど吹き替えも結構よかった。
グリンチの友人であるブリクリバウム役の声優がロバートの秋山で、これがすごくよくてびっくりした。
まず、声がいい。演技もさすがにコントっぽいところはあったものの、それが役柄にとても合っていた。
声優としての仕事増えそう。

解説

「怪盗グルー」シリーズや「ミニオンズ」など、数々の人気アニメを生み出すアニメーションスタジオのイルミネーション・エンターテインメントが、2000年にジム・キャリー主演で実写映画化もされたドクター・スースの名作絵本に登場するアメリカの国民的キャラクター「グリンチ」を、新たにアニメ映画化。幼い頃はつぶらな瞳が愛らしかったが、成長してすっかりひねくれてしまったグリンチ。洞窟の中で暮らす彼は、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人たちに意地悪ばかりして楽しんでいた。いつも不機嫌で孤独なグリンチは、村人たちが大好きな「クリスマス」を盗んでしまおうと思いつくが……。オリジナル英語版ではベネディクト・カンバーバッチ、日本語吹替え版では大泉洋がグリンチの声を担当。
引用:映画.com

https://www.youtube.com/watch?v=YXcmmkFvjRM

ネタバレありの感想

もとが絵本だからということなんでしょうが、展開が早くて急。
イルミネーションの作品はだいたいテンポが早くて展開は早めなんですけども、今作はいつもにまして急な感じはした。

イルミネーションは細いところの演出や笑いところがとても上手で大好きで、今作もそういうシーンがたくさん。
予告編の1:15くらいにもあるんですけど、グリンチが体毛とそっくりなズボンを履いてる様とか最高。
その他にもシンディ・ルーがブルゾンを4枚重ねしている様とかとても可愛くて、笑えるし、今考えるとシンディ・ルーの想いとかちょっと泣けてもくる。

ただ、今作は大きな部分に物足りなさを感じた。
グリンチがクリスマスをあそこまで嫌いになる理由がちょっと弱い感じはしたけど、実際僕も人混みがすごく苦手だったりグリンチの気持ちはわかる。ある意味リアルなのかもしれない。
それよりも改心が急すぎるというかエピソードが弱い感じは否めない。
子供向けとは言え、もうちょっと尺を長くしてでも、エピソードを強くして欲しかったかな。

とは言え、さすがのイルミネーション。
美しい映像に楽しい物語、音楽の使い方も素晴らしく、これぞ娯楽映画って感じだ。
やっぱり好きだなイルミネーション。
2019年夏には「ペット」もやるみたいだ。今から楽しみ。

2018年 年間ベスト

  1. 若おかみは小学生!
  2. カメラを止めるな!
  3. 万引き家族
  4. ルーム
  5. シティ・オブ・ゴッド
  6. 15時17分、パリ行き
  7. リンダ リンダ リンダ
  8. もらとりあむタマ子
  9. シング・ストリート 未来へのうた
  10. LA LA LAND
  11. ワンダー 君は太陽
  12. SING
  13. 恋の渦
  14. ドント・ブリーズ
  15. ベイマックス
  16. このサイテーな世界の終わり(ドラマ)
  17. スワロウテイル
  18. 百円の恋
  19. 二郎は鮨の夢を見る
  20. グリンチ(2018)
  21. IN TIME
  22. 散り椿
  23. そして父になる
  24. 日本で一番悪い奴ら
  25. 帝一の國
  26. 怒り
  27. バクマン。
  28. 人質の朗読会
  29. 嫌われ松子の一生
  30. 365日のシンプルライフ
  31. みんなのいえ
  32. ラヂオの時間
  33. 有頂天ホテル
  34. ダーク・プレイス
  35. パッセンジャーズ
  36. 血まみれスケバンチェーンソー
  37. 暗黒女子
  38. スターウォーズ 最後のジェダイ
  39. 銀魂
  40. 恋愛戯曲
  41. 白ゆき姫殺人事件
  42. リアル鬼ごっこ 2015劇場版
  43. エイプリルフールズ
  44. グッドモーニングショー