Nobutake Dogen.com

映画「LA LA LAND」@Amazonプライム

今更、ようやく見た。
映画館で見るべきだった。
ストーリーとしては目新しい部分や哲学のような作家性も感じない。
それでも、この映画がとてもいいものになっているのは、ひとえに演出のすごさ。映画館で見るべきだった。
よき。

あらすじ

「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チャゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。
引用:映画.com

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

日本人はミュージカルが苦手、とよく言われるけど、「LA LA LAND」を苦手という人はそんなにいないのでは?

とにかく色鮮やか。
ストーリーやミュージカル部分での音楽や、主演の2人のルックスまで、とにかくビビッド。
どのシーンを切り取ってもポスターになりそう。

ミュージカルシーンは本当に楽しげ、画面は色鮮やかで、音楽はごきげん。
ダンスや歌もすばらしく、自然とニコニコしちゃう。
そして、長回しが多用されていて、楽しいのに緊張感もあって、自然と集中しちゃう。

それにしても、「セッション」と同じ監督が、同じく音楽を題材にした映画でここまで違うものが作れるものなのか。
音楽の持つ力の見せ方が全く違う。
デイミアン・チャゼル監督というのか、すごい人だ。
とにかくジャズが好きな人なんだろうな。
よきよき。

2018年 年間ベスト

  1. カメラを止めるな!
  2. 万引き家族
  3. ルーム
  4. シティ・オブ・ゴッド
  5. 15時17分、パリ行き
  6. リンダ リンダ リンダ
  7. もらとりあむタマ子
  8. LA LA LAND
  9. ワンダー 君は太陽
  10. SING
  11. 恋の渦
  12. ベイマックス
  13. そして父になる
  14. 日本で一番悪い奴ら
  15. 帝一の國
  16. 人質の朗読会
  17. 嫌われ松子の一生
  18. ダーク・プレイス
  19. パッセンジャーズ
  20. 血まみれスケバンチェーンソー
  21. スターウォーズ 最後のジェダイ
  22. 恋愛戯曲
  23. 白ゆき姫殺人事件
  24. エイプリルフールズ
スポンサーリンク

Movie | 2018年8月9日