Nobutake Dogen.com

映画「ベイマックス」@レンタル

最高だ。
映画館で見たときも思ったけど最高だ。
いや、より強く思った。最高に面白い。
面白すぎると言っても過言ではない。

あらすじ

架空都市・サンフランソウキョウを舞台に、優しいロボットと少年の絆を描く感動アドベンチャー。幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。
菅野美穂、小泉孝太郎が声優に挑戦。
引用:「キネマ旬報社」データベース

スポンサーリンク

感想

目新しさがほとんどない映画ですよね。
色々な部分が今までどこかで見たことあるようなもので、出来ていると思う。ストーリーも世界観も。
とにかくシンプル。

ロボットと人間の友情もよくあるし、大事な人の敵討ちや5人組のヒーローなんてありきたりすぎるほど。
それでも最高に面白いから映画ってすごい。
それぞれのキャラクターが魅力的だったり、アクションシーンがかっこよかったり、街並みにワクワクしたり、そういった当たり前のことをとことん突き詰めて、高いレベルで見せてくれるとそれだけで、こんなにも面白くなるんだな。

公開当時、日本のプロモーションが「感動」に寄りすぎてる。って批判があったりなかったり、って感じでしたし、当時映画を見終わったあと、僕もそんな風に思ったんだけど、今回もう一回見てみると、どっちも間違ってないな、と思った。

アクションでもあるし感動でもある。
これぞ「映画」って感じだ。

2018年 年間ベスト

  1. 万引き家族
  2. ルーム
  3. 15時17分、パリ行き
  4. リンダ リンダ リンダ
  5. もらとりあむタマ子
  6. SING
  7. ベイマックス
  8. そして父になる
  9. 日本で一番悪い奴ら
  10. 帝一の國
  11. 人質の朗読会
  12. 嫌われ松子の一生
  13. ダーク・プレイス
  14. パッセンジャーズ
  15. スターウォーズ 最後のジェダイ
  16. 血まみれスケバンチェーンソー
  17. 白ゆき姫殺人事件
  18. エイプリルフールズ
スポンサーリンク

Movie | 2018年1月13日