映画 けいおん! @Amazonプライム

作業用として、何度も見たものということで「けいおん!」
本当はTVシリーズを流しっぱにしたかったんだけど、AmazonプライムにもHuluにもないしってことで「映画 けいおん!」を。
失敗した。
ちゃんと見入ってしまった。
作業が進まなかった。
記憶にあるものより面白すぎたせいだ。

内容紹介

卒業を控えた軽音部3年生の唯・澪・律・紬の4人は、いつもどおり部室でお茶したり、バンドの方向性を話し合ったりとゆるやかな時間を送っていた。そんなある日、教室で同級生が卒業旅行を企画していることを知り、唯たちも卒業旅行に行こうということになる。それを聞いた梓も参加することになり…。
引用:Amazon

感想

アニメと実写、どっちが優れた表現か、という議論は無理があるので置いておくとしても、アニメが実写に勝っている部分(不利な部分でもある)として、「少なくとも絵面は一から全てを表現できる」ってのがあると思うんですね。
モデルはあったとしても、背景の表現やキャラクターのデフォルメの仕方などなど。

OPテーマの「いちばんいっぱい」に合わせたアニメーションが本当に素晴らしかった。
けいおん!関連の曲としても一番好きな曲で、百石元の編曲が見事。
ここでもう見入ってしまった。
導入として完璧すぎる。

物語の主な舞台は卒業旅行先のロンドン。
そんな中でのライブシーンへの持って行き方は多少無理やり感があってそこは少し残念。まぁ、文化祭やらなんやらがないと日本だとしても難しいか。
ラストシーンはロンドンから日本に舞台を戻し、梓のためにオリジナルメンバーによる教室でのライブシーン。
見所をいつもの日本の、桜が丘高校に戻し、でも部室ではなく、教室に持ってきたところもいいですよね。
彼女らの学校生活は部室だけで終わったものではないと思わせてくれるの、すごくいいです。
級友や後輩、先生たちがあってこその部活動だったんだな、と。

無駄な会話ばかりで構成された2時間。
でも、それこそが感動させてくれる。
最高。

2017年 年間ベスト

  1. 沈黙 サイレンス
  2. セッション
  3. Back to the Future
  4. SING
  5. Back to the Future Part 3
  6. 山田孝之のカンヌ映画祭(ドラマ)
  7. Back to the Future Part 2
  8. 桐島、部活やめるってよ
  9. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  10. 怪盗グルーのミニオン大脱走
  11. SICKS〜みんながみんな、何かの病気〜(ドラマ)
  12. イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
  13. 斉木楠雄のΨ難
  14. 映画 けいおん!
  15. 鑑定士と顔のない依頼人
  16. 劇場版 アイカツ!
  17. マッチスティック・メン
  18. アフタースクール
  19. 鍵泥棒のメソッド
  20. ゴースト・イン・ザ・シェル
  21. 永い言い訳
  22. 咲 -Saki-
  23. ヒーローマニア -生活-
  24. 大空港2013
  25. 亜人
  26. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
  27. インシテミル 7日間のデス・ゲーム
  28. ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜
  29. スプリット