首藤瓜於「刑事の墓場」

「脳男」の首藤瓜於。 面白かった。 とだけ言うと手放しで褒めてるように見えるけど、そうではない。

more

中村文則「遮光」

中村文則は「何もかも憂鬱な夜に」以来の2冊目。 やっぱり文学者だ。 そしてやっぱり好きだ。追いかけよう。 本書も最高に良き。

more

中町信「暗闇の殺意」

「模倣の殺意」で有名な中町信。 どこかで本書が大絶賛されていたので、読む読む。 どれも上手いな、と思ったものの「模倣の殺意」ほどの感動はなし。

more

竹宮ゆゆこ「おまえのすべてが燃え上がる」

はっきり確信した。 僕は竹宮ゆゆこ大好きだ。 もう「とらドラ!の」という接頭語もいらないな。

more

大島真寿美「ふじこさん」

女性作家から見た女性視点の物語が3編入った短編集。 爽やかそうな表紙で、文体もすっきりしているものの、どこか空恐ろしく居心地の悪い小説。 と感じたのは僕が男だからなのか。

more

芦沢央「悪いものが、来ませんように」

勝手にホラーだと思ってた。 イヤミスだった。イヤミスとしてはなかなか良き。 どんでん返し系ではあるけども、ミステリ成分は薄め。

more

恒川光太郎「夜市」

日本ホラー小説大賞受賞作。 ホラーと言ってもグロさは全然ないし、怖いって訳でもない。 評判がいいのは知ってた。ようやく読んだ。

more

青山七恵「魔法使いクラブ」

表紙の素敵さやタイトルのかわいらしさからは想像がつかないほどの残酷な青春物語。 気軽に読めそうな、タイトルと表紙で実際サクサク読めるものの、受けるダメージは重め。 それが良き。

more

香月日輪「桜大の不思議の森」

不思議なものが日常となっている田舎の生活を書いた小説。 とても読みやすいけど、盛り上がるまでが遅め。 スロースターター。

more

野村美月「晴追町には、ひまりさんがいる。はじまりの春は犬を連れた人妻と」

「文学少女」シリーズの野村美月初の一般レーベル。 とは言え、「文学少女」シリーズよりも軽い。ライトノベルのライトとはなんぞや。 とても良き。

more

豊島ミホ「陽の子雨の子」

豊島ミホ大好き。 まだ読んでいない本も結構あるけど、割と手放しで好きって言ってしまえる作家かもしれない。 作品よって雰囲気なんかは変わるので、タイトルやあらすじから期待したものでは無いこともよくあるんだけど、すごく輝くよ […]

more

河野裕「最良の嘘の最後のひと言」

本書がなぜ創元推理文庫から出てるのかという点には違和感があるがそれでも結構楽しめた。 超能力バトルものとしてはいささか地味だがそれでも結構楽しめた。

more