Nobutake
Dogen.com

Book

江國香織「流しのしたの骨」

お友達に薦められて。
何回も読み返してしまう本、ということで。
確かに何度でも読み返したくなりそう。
とても良き。
more


クレア・ノース「ハリー・オーガスト、15回目の人生」

ループもののSFで傑作と名高い本書。
だそうなので、読んだ。
SF得意じゃないのに読んだ。
確かに面白い!後半の面白さすごい!
more


山口雅也「PLAY プレイ」

山口雅也初体験。
「遊び」をテーマにした、ミステリ・ホラーの4話が入った短編集。
ホラー要素強めかな。
よき。
more


早見和馬「イノセント・デイズ」

表紙すごくいいですよね。
文庫本についていた帯、「読後、あまりの衝撃で3日ほど寝込みました…」というコピーも見事。
こういうのに騙されないように、って気をつけてるんだけど、どうしても気になっちゃう。
more

詠坂雄二「電氣人間の虞」

最高だった。
ホラーなのかミステリなのか判断がつかないまま進んでいく物語、結局どっちだったのかはなんとも言いづらいが、傑作であることは間違いない。
都市伝説とか怪異が好きなら絶対に読むべき。
最高に良き。
more

瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」

タイトルからご飯ものかと思っていた。
もちろん、ご飯が重要なアイテムとして描かれていたりもするけど、もっとだ。もっと欲しかった。
メインで絡んで来たのがポカリで、次がだいぶ落ちてケンタッキーだった。それは残念。
瀬尾まいこさんの中でも随分と今時で、映画向きだな、と思ったら映画化されてた。
恥ずかしい。
more

竹内雄紀「悠木まどかは神かもしれない」

軽かった。
何も残らない小説だった。というと、悪口のように聞こえるけど、そうじゃない。いや、悪口と捉えてもらってもかまわないんだけど。
つまらないとは言わないし、読まなきゃよかったとも思わない。
娯楽としてすっきりした、毒にも薬にもならない時間をもらえた。
more

湊かなえ「豆の上で眠る」

イヤミスの女王とか、結局「告白」を超えられないとかなんとかかんとか。
そういう冠を被ることの多い湊かなえ。
「告白」は確かに面白かった。
松たか子の映画もよかったし。
more

田中慎弥「田中慎弥の掌劇場」

芥川賞作家の田中慎弥の掌編集。
面白そうな雰囲気はあるものの、ここに描かれているメタファーや突如ぶっこまれる不穏な言葉などが僕には、消化しきれなかった。
長編だったらまた違う気もするけど。
他のも読んでみようかな、とは思う。
more

豊島ミホ「初恋素描帖」

豊島ミホ大好きなんだ。僕は。
人間もとても魅力的に描いてくれるし、情景も美しい。
そしてなにより、とても力のある一節を書くことのできる作家。
そんな豊島ミホの連作短編集。よき。
more

31〜40 / 189件