恒川光太郎「夜市」

日本ホラー小説大賞受賞作。 ホラーと言ってもグロさは全然ないし、怖いって訳でもない。 評判がいいのは知ってた。ようやく読んだ。

more

青山七恵「魔法使いクラブ」

表紙の素敵さやタイトルのかわいらしさからは想像がつかないほどの残酷な青春物語。 気軽に読めそうな、タイトルと表紙で実際サクサク読めるものの、受けるダメージは重め。 それが良き。

more

香月日輪「桜大の不思議の森」

不思議なものが日常となっている田舎の生活を書いた小説。 とても読みやすいけど、盛り上がるまでが遅め。 スロースターター。

more

野村美月「晴追町には、ひまりさんがいる。はじまりの春は犬を連れた人妻と」

「文学少女」シリーズの野村美月初の一般レーベル。 とは言え、「文学少女」シリーズよりも軽い。ライトノベルのライトとはなんぞや。 とても良き。

more

豊島ミホ「陽の子雨の子」

豊島ミホ大好き。 まだ読んでいない本も結構あるけど、割と手放しで好きって言ってしまえる作家かもしれない。 作品よって雰囲気なんかは変わるので、タイトルやあらすじから期待したものでは無いこともよくあるんだけど、すごく輝くよ […]

more

河野裕「最良の嘘の最後のひと言」

本書がなぜ創元推理文庫から出てるのかという点には違和感があるがそれでも結構楽しめた。 超能力バトルものとしてはいささか地味だがそれでも結構楽しめた。

more

井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」

井上夢人を読む時に、どうしても岡嶋二人レベルの作品を期待してしまい、毎回少し期待よりも下回る感じがある。 そんな中本書はよかった。ミステリーというよりはホラー成分が多めなせいなのか、裏切られたというよりは、うまく”おとし […]

more

円城塔「オブ・ザ・ベースボール」

難解とは聞いていたけど、本当に難解だった。 そんな円城塔の中では比較的読みやすいと聞いて。 とは言え難解だったが、面白さもしっかりとあった。

more

連城三紀彦「夜よ鼠たちのために」

連城三紀彦のそれぞれ、趣向が凝らされた短編集。 さすがというか、見事というか。 良き。

more

歌野晶午「女王様と私」

歌野晶午は基本的に好きな作家だ。 (あくまで褒め言葉としての)バカミスの名手だ。 本書もとても良きバカミスだった。

more

川村元気「世界から猫が消えたなら」

こんなんでいいのか。 川村元気だから出版できたんだろうな。 実際売れたし、僕も買ってしまった。 残念。

more

松田道弘「トリックのある部屋―私のミステリ案内」

ミステリのトリックの解説書かと思ったらそうでもない。 期待していたものとは違ったのが残念。

more