Nobutake
Dogen.com

Book

井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」

井上夢人を読む時に、どうしても岡嶋二人レベルの作品を期待してしまい、毎回少し期待よりも下回る感じがある。
そんな中本書はよかった。ミステリーというよりはホラー成分が多めなせいなのか、裏切られたというよりは、うまく”おとしあな”に嵌められた感じが心地よい。
良き。
more


円城塔「オブ・ザ・ベースボール」

難解とは聞いていたけど、本当に難解だった。
そんな円城塔の中では比較的読みやすいと聞いて。
とは言え難解だったが、面白さもしっかりとあった。
more


連城三紀彦「夜よ鼠たちのために」

連城三紀彦のそれぞれ、趣向が凝らされた短編集。
さすがというか、見事というか。
良き。
more


歌野晶午「女王様と私」

歌野晶午は基本的に好きな作家だ。
(あくまで褒め言葉としての)バカミスの名手だ。
本書もとても良きバカミスだった。
more

川村元気「世界から猫が消えたなら」

こんなんでいいのか。
川村元気だから出版できたんだろうな。
実際売れたし、僕も買ってしまった。
残念。
more

松田道弘「トリックのある部屋―私のミステリ案内」

ミステリのトリックの解説書かと思ったらそうでもない。
期待していたものとは違ったのが残念。
more

辻村深月「水底フェスタ」

大好きな辻村深月の文春文庫もの。
個人的にはやっぱり辻村深月は講談社が最高だな。
とは言え、さすがの辻村深月。良き。
more

山本甲士「ひなた弁当」

虚人たち」が難解だったので、軽いのを読みたくて。
リストラされたサラリーマンの復活物語ということで、現在無職でまだ次が決まっていない自分には少しタイムリーな本書。
思ったよりも良き小説だった。
more

筒井康隆「虚人たち」

面白いのか?と聞かれたらはっきりと「つまらない」と答える。
でも、「読んでみて」とは言いたい。
すごい作品。ものすごい作品。
more

西加奈子「漁港の肉子ちゃん」

バンドメンバーのヤシロに借りて。
そもそも、「ふる」を読んだのもヤシロが「西加奈子が最高」と言っていたから。
ふるも最高だったけど、本書も最高。
よきよき。
more

21〜30 / 189件