山岸凉子「舞姫 テレプシコーラ」(第2部)

第2部はローザンヌコンクール編。 天下一武道会編みたいなもん。

more

山岸凉子「舞姫 テレプシコーラ」(第1部)

山岸涼子は名前くらいしか知らないし、クラシックバレエにもほとんど興味ない。 そんな僕がこの名作漫画に出会えたのが雑誌「ダ・ヴィンチ」のおかげ。 全10巻の第1部と全5巻の第2部で構成されているのですが、とにかく第1部の完 […]

more

豊島ミホ「底辺女子高生」

豊島ミホの高校時代を綴ったエッセイ。 基本的にエッセイってそんなに好きじゃないんですよ。 でも、ドキュメンタリーは好きなんですよ。 なんなんですかね、やっぱりエッセイは女優のもの、みたいなイメージ持っちゃってるのかな。 […]

more

霧舎巧「名探偵はもういない」

霧舎巧の作品は初。 まず、タイトルで気になった。いいタイトルですよね。 そしたら空白の登場人物表や、読者への挑戦状、とワクワクせざるをえない1冊。 期待していた雰囲気とは正直だいぶ違ったけど、ワクワクしながら読めたし、い […]

more

志駕晃「スマホを落としただけなのに」

このミス大賞の「隠し玉」 なんだかんだこのミス大賞、気になるんですよね。 本書はとても現代的な舞台設計。

more

城平京「虚構推理」

漫画にもなっている「虚構推理」。 結構前から積ん読していました。 城平京は「名探偵に薔薇を」がすごくよかったので気になっていたのですが、なんとなく後回しにしてしまっていましたが、後悔。 面白い!早く読めば良かった。

more

折原一「螺旋館の殺人」

折原一、面白いな。 好きだ。 今まであんまり読んでないので、これからいっぱい読める。うれしい。

more

村田沙耶香「殺人出産」

ちょっと信じられないくらい面白い。 村田沙耶香は「ギンイロノウタ (新潮文庫)」「マウス」に続いて三冊目で、これまでも面白いと思っていたし、外れないんじゃないか、と思ってはいたのですが、これはちょっと飛び抜けて面白い。

more

峰月皓「七人の王国」

「いざとなったら逃げ込める場所がある。」 そういう考え方は本当に好きだし、そういう場所が欲しいな、って思う。 そんな場所を作ろうとした七人の話。

more

泡坂妻夫「湖底のまつり」

文章・文体がきれい。 もしも、この本がミステリーじゃなくても、驚愕のラストなんかがなくても充分に面白い小説です。 幻想小説としても一級。

more

法条遥「忘却のレーテ」

いい意味で気持ち悪い思いをさせてもらえる。 これをミステリーと呼ぶには少し抵抗があるけど、好き。 「リライト」も良かったし法条遥好きかもしれない。

more

深水黎一郎「五声のリチェルカーレ」

なんだこれ、面白い! すごいぞ深水黎一郎!

more