澁澤龍彦「秘密結社の手帖」

「秘密結社」という言葉に何か惹きつけられるものがある人は多いのではなかろうか。 知的好奇心と言えば高尚すぎる。 普段知ることのできない世界・価値観を覗き見ることへの快感がある。

more

高橋由太「紅き虚空の下で」

本書「紅き虚空の下で」の作者である高橋由太は時代小説畑の人だそうで、そちらは全く読んだことないです。 ということで初読みの作家さん。 普段、時代小説を書いている作家ということで、勝手なイメージで固めなミステリーを想像して […]

more

西澤保彦「七回死んだ男」

随分昔に読んだのは確か。 なんとなくの話の筋は覚えてる。 前回読んだ時はそんなにハマらなかった気がするけど、今回は結構面白かったな。

more

東野圭吾「赤い指」

東野圭吾を読みたいと思って。 加賀恭一郎シリーズの7作目だそうですが、実は加賀恭一郎そんなに好きでもないんだけど、それはちゃんと追ってないからなのかな。 シリーズをちゃんと追うと好きになれるのかな。

more

根本聡一郎「プロパガンダゲーム」

就活をテーマということで「何者」を少し思い出したけど、全然違った。 ゲームの舞台が就活の面接というだけで、就活生である必要性なんかは全くないです。

more

ジェシー・ケラーマン「駄作」

「駄作」。 なんとも大胆で挑戦的なタイトル。 そりゃ気になっちゃう。上手い。 そして、本のあらすじに書かれた【本書には奇想天外な展開があることを警告しておきます】の一文。 期待を煽られる。

more

古処誠二「アンノウン」

メフィスト賞にハズレ無し。 と、あくまで個人的に感じています。 尖った作品ばかりのメフィスト賞にこう感じるのはどこか変な話だ。 まぁ、メフィスト賞の選考している人と趣味が似ているってことなんだろう。

more

美輪和音「8番目のマリア」

「強欲な羊」がよかったので、楽しみにしていたらいまいちだった。 角川ホラー文庫で楽しいと思ったことがないような気が・・・ ホラー自体にそんなに興味がないせいかもしれない。

more

河合莞爾「デッドマン」

派手だ。 派手なミステリーが好きだ。 派手な事件現場と派手なキャラクターと、とても好み。 とても少年漫画的で読みやすくて良き良き。

more

小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」

キリストには謎が多く残されているというか、奇蹟の有無含め事実が不明なことが多いため、多くの人がここに謎を求めたくなったり解決を見つけたくなったりするのはとてもよくわかる。 僕としても、やはり題材が気になって読んだわけだし […]

more

下村敦史「真実の檻」

「闇に香る嘘」の下村敦史が書く冤罪と主題としたミステリー。 「冤罪がなぜ起きるのか?」というのは、色々なところで語られていることで、目新しさがあるわけではないけど、本書「真実の檻」は冤罪問題だけでなく、「家族」というテー […]

more

美輪和音「強欲な羊」

本屋で見かけるたびになんとなく気になっていた表紙とタイトル。 ふと、最初の何行か立ち読みしたらこれは面白いと確信。 脚本家としての経験がある人らしく、新人というのはずるいくらいの筆力。 「羊」をテーマにした短編集。 その […]

more