Nobutake
Dogen.com

朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」

映画を先に見た。
映画がすごいよかったので原作も。

面白い。原作も面白い。
そして、映画も映画ですごいよかったんだと再確認。

あらすじ

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?
瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。
引用:Amazon

Amazon.co.jpで買う
桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)
  • 朝井 リョウ
  • 価格   ¥ 514
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazon

感想(ネタバレあり)

映画「桐島、部活やめるってよ」は17歳の僕らが感じていた、世の中のよくわからなさがすごくうまく表現されていたけど、小説「桐島、部活やめるってよ」は17歳の僕らが感じていた、世の中が見え透いてきた感覚がすごくうまく表現されてる。

映画で、桐島がなぜ部活を辞めるのかがよくわからないままですが、原作では描かれてます。
それが本当の理由かどうかはわからないんだけど、その周りの人間が勝手に憶測して、それを真実として受け入れてしまう感覚がとてもあの時代の感覚だな。と。

僕たちは大人になるにつれ、「分からない」事があるって事が分かってくる。
「分からない」事にも納得出来てしまって、それがいい事なのか、悪い事なのか。

そしてデビュー作という事ですが、勢いもあるのに読みやすくて文体とか好きです。
他のも読みたい。