野村美月「”文学少女”と死にたがりの道化」

太宰治の「人間失格」をモチーフにしたラノベ。
この試み、ラノベとして素晴らしいですよね。
ぜひ、「人間失格」も読んでほしいです。

あらすじ

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され、「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって……。野村美月・新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ、シリーズ第1弾!
引用:Amazon

Amazon.co.jpで買う
“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】 (ファミ通文庫)
  • 野村 美月, 竹岡 美穂
  • 価格   Check on Amazon
Amazon

感想

天野遠子は物語を食べる妖怪。
そして、人間が食べる食べものに味を感じることができない。
それはきっととても悲しい設定なんだけど、そのおかげで遠子先輩の勧める本はどれも面白そうで美味しそう。
物語を味覚で表現するのいいですね。わかりやすいし、読んだことある本だと「わかる!」となると思いますよ。

なかなか文学トークって周りの友達とできないじゃないですか。
でも、この本では遠子先輩と文学トークさせてもらえます。
一方的に遠子先輩のオススメを聞くだけにはなりますが。

あえて作者ではなく遠子先輩とさせていただきますが、遠子先輩の読み方すごく好きなんですよ。
そうなの、太宰治ってチャーミングなの。
確かに鬱々とした物語ではあるんだけど、どこかチャーミングで喜劇的で、太宰治の人間性がすごく出てると思うんですよね。
ただの陰鬱としたイケメンだったとしたらあんなにモテるわけないもん。
きっとどこか楽しい・可愛い人だったんだよな。って思います。

この作品、ミステリーとしては情報が足りてない感じもするし、正直一人語りとか恥ずかしいですが、これも青春だ。
これこそ青春だ。

あんまりラノベ読んでないですし、ラノベってジャンルで括っていくのもいろいろ難しい問題ありますが、ラノベではダントツで一番好きなシリーズだし、遠子先輩は理想の女性像です。

2017年 年間ベスト

  1. 村田沙耶香「殺人出産」
  2. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  3. ルイス・サッカー「穴」
  4. 梓崎優「叫びと祈り」
  5. 舞城王太郎「煙か土か食い物」
  6. 舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」
  7. 柾木政宗「N0推理、NO探偵?」
  8. 城平京「虚構推理」
  9. 辻村深月「名前探しの放課後」
  10. 三島由紀夫「命売ります」
  11. 森博嗣「すべてがFになる」
  12. 米澤穂信「満願」
  13. 豊島ミホ「底辺女子高生」
  14. 江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」
  15. 太宰治「人間失格」
  16. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  17. 深水黎一郎「五声のリチェルカーレ」
  18. 麻耶雄嵩「貴族探偵」
  19. 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」
  20. 喜国雅彦「本棚探偵の生還」
  21. 森博嗣「冷たい密室と博士たち」
  22. 西澤保彦「殺意の集う夜」
  23. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  24. 森絵都「宇宙のみなしご」
  25. 湊かなえ「山女日記」
  26. 霧舎巧「名探偵はもういない」
  27. 泡坂妻夫「湖底のまつり」
  28. 降田天「女王はかえらない」
  29. 森絵都「気分上々」
  30. 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
  31. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  32. 辻村深月「光待つ場所へ」
  33. エドガー・アラン・ポー「黒猫」
  34. 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」
  35. 法条遥「忘却のレーテ」
  36. 折原一「グランドマンション」
  37. 辻村深月「ロードムービー」
  38. 瀬尾まいこ「強運の持ち主」
  39. 志駕晃「スマホを落としただけなのに」
  40. 桐山徹也「愚者のスプーンは曲がる」
  41. 峰月皓「七人の王国」
  42. 湊かなえ「母性」
  43. 飯田譲治 梓河人「盗作」
  44. 伊坂幸太郎「残り全部バケーション」
  45. 折原一「遭難者」
  46. 折原一「螺旋館の殺人」
  47. 芦沢央「罪の余白」
  48. 井上夢人「魔法使いの弟子たち」
  49. ジェフリー アーチャー「百万ドルをとり返せ!」
  50. 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」
  51. 竹吉優輔「襲名犯」
  52. 湊かなえ「境遇」
  53. 長谷川夕「僕は君を殺せない」
  54. 早坂吝「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」
  55. 蘇部健一「六枚のとんかつ」