伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」

伊坂幸太郎が苦手な人がいるのはわかります。クサイもんね。
僕は「オーデュボンの祈り」読んだ時にすごい衝撃を受けてしまったんですよ。
で、それ以降は無条件で好き。と思ってしまっています。

とは言うものの、最近は文庫になったからすぐ買う!ってほどの熱は冷めてきてはいるんだけど。
それは、熱というよりは読みたい本が、積ん読が溜まりすぎているせいなのかもしれないけど。

あらすじ

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。
引用:Amazon「首折り男のための協奏曲」

収録

・首折り男の周辺
・濡れ衣の話
・僕の船
・人間らしく
・月曜日から逃げろ
・相談役の話
・合コンの話

ネタバレありの感想

全7編の短編集になります。
正直な感想としては、これまで読んだ伊坂幸太郎の中では一番好きじゃない1冊ですね。
そもそも、伊坂幸太郎の良さってくだらない無駄話がオシャレに見える感じや、とりとめない無駄話が実は伏線になっていたりすることだと思う。
そしてその手法が上手く活かされるのは長編のほうが向いているのでは、と思ってまして、伊坂幸太郎の短編集(連作短編集含む)はどれもそんなに好きじゃない。それこそ死神の精度もそんなに好きじゃない。

この1冊は、それぞれ別々の短編として発表されたものが、なんとなく繋がっているように見えたので1冊にまとめてみました。
というものなので、それぞれのつながりも薄く、中途半端なイメージ。
もっとまるっきり別の話、別世界の話の寄せ集めであればもうちょっと違うイメージになったと思う。

とは言うものの、「合コンの話」はすごい好きです。
こういうストーリーテリングはさすが。

もしなんとなく伊坂幸太郎を避けている人は「重力ピエロ」か「ゴールデンスランバー」あたりを読んでほしいです。
僕も再読しよう。そうしよう。

2017年 年間ベスト

  1. 村田沙耶香「殺人出産」
  2. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  3. ルイス・サッカー「穴」
  4. 梓崎優「叫びと祈り」
  5. 舞城王太郎「煙か土か食い物」
  6. 舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」
  7. 柾木政宗「N0推理、NO探偵?」
  8. 城平京「虚構推理」
  9. 辻村深月「名前探しの放課後」
  10. 三島由紀夫「命売ります」
  11. 森博嗣「すべてがFになる」
  12. 米澤穂信「満願」
  13. 豊島ミホ「底辺女子高生」
  14. 江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」
  15. 太宰治「人間失格」
  16. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  17. 深水黎一郎「五声のリチェルカーレ」
  18. 麻耶雄嵩「貴族探偵」
  19. 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」
  20. 喜国雅彦「本棚探偵の生還」
  21. 森博嗣「冷たい密室と博士たち」
  22. 西澤保彦「殺意の集う夜」
  23. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  24. 森絵都「宇宙のみなしご」
  25. 湊かなえ「山女日記」
  26. 霧舎巧「名探偵はもういない」
  27. 泡坂妻夫「湖底のまつり」
  28. 降田天「女王はかえらない」
  29. 森絵都「気分上々」
  30. 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
  31. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  32. 辻村深月「光待つ場所へ」
  33. エドガー・アラン・ポー「黒猫」
  34. 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」
  35. 法条遥「忘却のレーテ」
  36. 折原一「グランドマンション」
  37. 辻村深月「ロードムービー」
  38. 瀬尾まいこ「強運の持ち主」
  39. 志駕晃「スマホを落としただけなのに」
  40. 桐山徹也「愚者のスプーンは曲がる」
  41. 峰月皓「七人の王国」
  42. 湊かなえ「母性」
  43. 飯田譲治 梓河人「盗作」
  44. 伊坂幸太郎「残り全部バケーション」
  45. 折原一「遭難者」
  46. 折原一「螺旋館の殺人」
  47. 芦沢央「罪の余白」
  48. 井上夢人「魔法使いの弟子たち」
  49. ジェフリー アーチャー「百万ドルをとり返せ!」
  50. 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」
  51. 竹吉優輔「襲名犯」
  52. 湊かなえ「境遇」
  53. 長谷川夕「僕は君を殺せない」
  54. 早坂吝「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」
  55. 蘇部健一「六枚のとんかつ」