湊かなえ「境遇」

安心して読めるものが読みたくて、信頼の湊かなえ。
「告白」を超える事はなかなか無いんでしょうけど、それでもどれも安定して面白いですよね。

本書「境遇」はテレビドラマの原作として書かされた作品だそうです。

あらすじ

デビュー作の絵本『あおぞらリボン』がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美は親友同士。
共に幼いころ親に捨てられ児童養護施設で育った過去を持つ。
ある日、「真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐された。
「真実」とは一体何なのか。そして犯人は……。巻末に絵本『あおぞらリボン』(文・みなとかなえ 絵・すやまゆうか)を収録。
引用:Amazon「境遇」

ネタバレありの感想

ミステリーじゃないです。
人間ドラマです。
テレビドラマとミステリーって相性よくないのかな?
一話見逃したらもうダメって思われそうだし、途中で真相がバレてもダメって思われそうだし、向いてなさそうな気もする。
ミステリーが読みたくて読んだからちょっとだけ残念。

もしも、ミステリー寄りにするのであれば、過去の事件をもっと最初から匂わせるべきなんだろうけど、人間ドラマが主軸なので前半は陽子と晴美の人間性や関係を描く事に集中していて、こういう割り切り方うまいな。

晴美が青いリボンを切って陽子の手首に結ぶシーンがすごく良くて、こういう優しさに比重を置いた作品も読んで見たくなりました。
テレビを意識してなのか、リボンの色の描写もしっかりとされていていいアクセントでした。
色の描写などを小説でするのかどうかって作家性が表れて面白い。
そこらへんはやっぱり芥川龍之介とか宮沢賢治とかはとても上手。
とにかく色鮮やかなイメージなんだよなぁ。

単発のテレビドラマという枠組みのせいもあるんでしょうけど、湊かなえにしてはやけに大人しい印象。
「告白」のような強烈さを求めると少々物足りないですが、やっぱり安心して読める作家の一人。

2017年 年間ベスト

  1. 村田沙耶香「殺人出産」
  2. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  3. ルイス・サッカー「穴」
  4. 梓崎優「叫びと祈り」
  5. 舞城王太郎「煙か土か食い物」
  6. 舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」
  7. 柾木政宗「N0推理、NO探偵?」
  8. 城平京「虚構推理」
  9. 辻村深月「名前探しの放課後」
  10. 三島由紀夫「命売ります」
  11. 森博嗣「すべてがFになる」
  12. 米澤穂信「満願」
  13. 豊島ミホ「底辺女子高生」
  14. 江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」
  15. 太宰治「人間失格」
  16. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  17. 深水黎一郎「五声のリチェルカーレ」
  18. 麻耶雄嵩「貴族探偵」
  19. 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」
  20. 喜国雅彦「本棚探偵の生還」
  21. 森博嗣「冷たい密室と博士たち」
  22. 西澤保彦「殺意の集う夜」
  23. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  24. 森絵都「宇宙のみなしご」
  25. 湊かなえ「山女日記」
  26. 霧舎巧「名探偵はもういない」
  27. 泡坂妻夫「湖底のまつり」
  28. 降田天「女王はかえらない」
  29. 森絵都「気分上々」
  30. 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
  31. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  32. 辻村深月「光待つ場所へ」
  33. エドガー・アラン・ポー「黒猫」
  34. 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」
  35. 法条遥「忘却のレーテ」
  36. 折原一「グランドマンション」
  37. 辻村深月「ロードムービー」
  38. 瀬尾まいこ「強運の持ち主」
  39. 志駕晃「スマホを落としただけなのに」
  40. 桐山徹也「愚者のスプーンは曲がる」
  41. 峰月皓「七人の王国」
  42. 湊かなえ「母性」
  43. 飯田譲治 梓河人「盗作」
  44. 伊坂幸太郎「残り全部バケーション」
  45. 折原一「遭難者」
  46. 折原一「螺旋館の殺人」
  47. 芦沢央「罪の余白」
  48. 井上夢人「魔法使いの弟子たち」
  49. ジェフリー アーチャー「百万ドルをとり返せ!」
  50. 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」
  51. 竹吉優輔「襲名犯」
  52. 湊かなえ「境遇」
  53. 長谷川夕「僕は君を殺せない」
  54. 早坂吝「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」
  55. 蘇部健一「六枚のとんかつ」