浅倉秋成「六人の嘘つきな大学生」

本作「六人の嘘つきな大学生」は2021年上半期一番の注目作と言ってもいいんじゃないでしょうか。
6人の就活生が最終選考として行われるグループディスカッションで何やら驚愕の展開に・・・
という事で、就活というテーマで朝井リョウさんの「何者」を思い出す。
「何者」もとても良い作品なので期待のできるテーマ。

あらすじ

ここにいる六人全員、とんでもないクズだった。

成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を
得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とはーー。

『教室が、ひとりになるまで』でミステリ界の話題をさらった浅倉秋成が仕掛ける、究極の心理戦。
引用:出版社より 

ネタバレありの感想

正直な感想から言うとちょっと期待外れ。
テンポもよく文体も軽くて1日で読み切れるくらいには読みやすいし、展開が気になるものではあった。
ミステリーとしては地味なのは否めないし、ラストのどんでん返しも衝撃度は全然無い。

「6人でいいチームを作り上げたら6人全員に内定を出す」というものから「6人の中から1人の内定者を自分たちで決める」に変わってからも、メンバーの関係性があまり変わらずヒリヒリした印象はなく、いざグループディスカッションが始まり、ここから就活生たちの心理戦かと思いきや、いきなりメンバーの過去の悪事を暴いた封筒が見つかりその封筒を置いたのが誰か、と言うことだけで2時間半という時間を使い切ってしまい、僕が個人的に期待していた就活生たちの心理戦なんてものは全く無し。

悪事の暴露も最初「イジメ」「中絶」と重いものから始まった時は少し期待したが、次が「キャバクラで働いている」って弱すぎでは・・・?
それで「全員クズ」というのは無理がありすぎる。

ラスト、波多野が残した「犯人、嶌さんへ」というタイトルのファイル。
「波多野は『犯人=嶌』だと勘違いしている」と見せたいがためのミスリードがひどすぎる。
波多野は犯人(九賀)と嶌が一緒にこのファイルを見る(見せる)事になると思ったの?
それってどんな状況?
犯人宛と嶌宛、それぞれ別のファイル作りません?

嶌は結局波多野のことが好きだったの?九賀のことが好きだったの?
って謎が残ったままなのは良き。

2021年 年間ベスト

  1. 辻村深月「琥珀の夏」
  2. 辻村深月「図書室で暮らしたい」
  3. 豊島ミホ「神田川デイズ」
  4. 周木律「伽藍堂の殺人 〜Banach-Tarski Paradox〜」
  5. 竹宮ゆゆこ「応えろ生きてる星」
  6. 最果タヒ「渦森今日子は宇宙に期待しない」
  7. 芦沢央「いつかの人質」
  8. 周木律「眼球堂の殺人 〜The Book〜」
  9. 周木律「鏡面堂の殺人 〜Theory of Relativity〜」
  10. 綾瀬まる「やがて海へと届く」
  11. 麻耶雄嵩「螢」
  12. 周木律「五覚堂の殺人 〜Burning Ship〜」
  13. 周木律「大聖堂の殺人 〜The Books〜」
  14. 葵遼太「処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな」
  15. 塔山郁「人喰いの家」
  16. 浅倉秋成「六人の嘘つきな大学生」
  17. 石川宗生「半分世界」
  18. 周木律「双孔堂の殺人 〜Double Torus〜」
  19. 周防柳「余命二億円」
  20. 桜井美奈「塀の中の美容室」
  21. 周木律「教会堂の殺人 〜Game Theory〜」
  22. 清水カルマ「禁じられた遊び」
  23. 鳥飼否宇「逆説的 十三人の申し分なき重罪人」
  24. 島田雅彦「預言者の名前」
  25. 星新一「天国からの道」
  26. 折原一「灰色の仮面」
  27. 大村あつし「エブリリトルシング」
  28. 倉井眉介「怪物の木こり」