倉井眉介「怪物の木こり」

サイコパス vs シリアルキラーという安っぽくなりそうな設定で案の定安っぽい小説だった。
盛り上がりもないまま終了。
セリフばかりで情景描写も少なく、サクサク読めるのはよかった。
せめて漫画でやればいいのに。

あらすじ

第17回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作は、サイコパス弁護士 vs. 頭を割って脳を盗む「脳泥棒」、最凶の殺し合い! すべては二十六年前、十五人以上もの被害者を出した、児童連続誘拐殺人事件に端を発していて……。自分は怪物なのか? では人とは何か? 善悪がゆらいでいく主人公に「泣ける!」との声もあがったサイコ・スリラー、待望の文庫化!
引用: 出版社より

ネタバレありの感想

何より登場人物がバカばかりなのが残念。
脳にチップを入れる、ということがちょこちょこあり、そこにある程度反発している人もいる。そんな時代で、脳味噌を持って変える殺人が起きたらまず脳チップが原因では?と考えませんかね?
序盤、被害者には、何も繋がりがない!ミッシングリンクだ!と騒いでいましたが年齢層が近い、ってかなり大きなヒントですよね?その上少し調べたらみんな孤児院出身と言う。繋がりがない!って騒いでた時は何を調べてそう判断したの?
と、警察があまりに無能。

二宮がサイコパスな弁護士、という役回りだが、全く弁護士をしていない。
頭良い=弁護士
という考えが見えてきて失笑。

脳泥棒の方もそこは逃げるんだ?とかキャラクターが全然しっかりしていないため、サスペンスとしての怖さも無し。

「木こりの怪物」というのも浦沢直樹「MONSTER」の「なまえのないかいぶつ」からのインスパイア(パクリ)が堂々と感じられオリジナリティも不足。

「このミステリーがすごい!大賞」には、やっぱり何も期待できないな。
駄作。

2021年 年間ベスト

  1. 辻村深月「琥珀の夏」
  2. 辻村深月「図書室で暮らしたい」
  3. 豊島ミホ「神田川デイズ」
  4. 周木律「伽藍堂の殺人 〜Banach-Tarski Paradox〜」
  5. 竹宮ゆゆこ「応えろ生きてる星」
  6. 最果タヒ「渦森今日子は宇宙に期待しない」
  7. 芦沢央「いつかの人質」
  8. 周木律「眼球堂の殺人 〜The Book〜」
  9. 周木律「鏡面堂の殺人 〜Theory of Relativity〜」
  10. 綾瀬まる「やがて海へと届く」
  11. 麻耶雄嵩「螢」
  12. 周木律「五覚堂の殺人 〜Burning Ship〜」
  13. 周木律「大聖堂の殺人 〜The Books〜」
  14. 葵遼太「処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな」
  15. 塔山郁「人喰いの家」
  16. 浅倉秋成「六人の嘘つきな大学生」
  17. 石川宗生「半分世界」
  18. 周木律「双孔堂の殺人 〜Double Torus〜」
  19. 周防柳「余命二億円」
  20. 桜井美奈「塀の中の美容室」
  21. 周木律「教会堂の殺人 〜Game Theory〜」
  22. 清水カルマ「禁じられた遊び」
  23. 鳥飼否宇「逆説的 十三人の申し分なき重罪人」
  24. 島田雅彦「預言者の名前」
  25. 星新一「天国からの道」
  26. 折原一「灰色の仮面」
  27. 大村あつし「エブリリトルシング」
  28. 倉井眉介「怪物の木こり」