周木律「眼球堂の殺人 〜The Book〜」

以前読んだ「眼球堂の殺人」
その時もめちゃめちゃ面白いと思って、集めなきゃなぁ、と思っていた。
その後すぐシリーズ2作目である「双孔堂の殺人」は購入していたものの、積読。
積読崩さなきゃ、ということで、「双孔堂の殺人」読むために「眼球堂の殺人」を再読。
あまりの面白さに、シリーズ全7作続けて読みました。
ということで、まずはシリーズ1作目「眼球堂の殺人」の感想をば。

あらすじ

新たな理系&館ミステリ。シリーズ第一作神の書、”The Book”を探し求める者、放浪の数学者・十和田只人(とわだただひと)がジャーナリスト・陸奥藍子と訪れたのは、狂気の天才建築学者・驫木煬(とどろきよう)の巨大にして奇怪な邸宅”眼球堂”だった。二人と共に招かれた各界の天才たちを次々と事件と謎が見舞う。密室、館、メフィスト賞受賞作にして「堂」シリーズ第一作となった傑作本格ミステリ!
引用:出版社より

ネタバレなしの感想

メフィスト賞第47回受賞作。
タイトルの「眼球“堂”」というところからも予想つく通り「館モノ」。
いいですよね、館モノ。

招待状によって集められた天才たちが「眼球堂」という「館」に閉じ込められる。
外にも出られず電話も通じない。という、(ミステリー的には)理想的なクローズドサークル。
そしてその「眼球堂」の見取り図があまりにも何かありそうで最高!

奇抜で奇妙なデザインはとても現実的とは言えませんが、だからこそワクワクします。

周木律というペンネームはどうやら科学用語の「周期律」という言葉から取られているようで、本書(というかシリーズ通して)にも理数系(特に数学)の話がわんさか出てきます。
もう、そこらへんはよくわからないです。
僕はもうSFみたいなもの、として捉えています。

そのよくわからない部分は斜め読みでも十二分に面白い作品であることは間違い無いです。

ネタバレありの感想

トンデモ系のミステリーの経験がある方なら、眼球堂の仕掛け(動く・水が溜まるなど)のうちいくつかは気づくことができるかもしれません。
僕は初読ではそこら辺は見事に騙されましたが、再読してみると結構わかりやすくヒント散りばめられていたんですね。

死体をしっかりと確認していない驫木煬(とどろきよう)が犯人だったり、藍子=善知鳥神というのも、メタ的推理が入ってしまうが、ミステリーとしてはよくある手法として驚きはすくない。

それでも、本書、本シリーズを読んでいる時のワクワク感はすごく、なかなか貴重な存在。
大好きです。

2021年 年間ベスト

  1. 辻村深月「琥珀の夏」
  2. 辻村深月「図書室で暮らしたい」
  3. 豊島ミホ「神田川デイズ」
  4. 周木律「伽藍堂の殺人 〜Banach-Tarski Paradox〜」
  5. 竹宮ゆゆこ「応えろ生きてる星」
  6. 最果タヒ「渦森今日子は宇宙に期待しない」
  7. 芦沢央「いつかの人質」
  8. 周木律「眼球堂の殺人 〜The Book〜」
  9. 周木律「鏡面堂の殺人 〜Theory of Relativity〜」
  10. 綾瀬まる「やがて海へと届く」
  11. 麻耶雄嵩「螢」
  12. 周木律「五覚堂の殺人 〜Burning Ship〜」
  13. 周木律「大聖堂の殺人 〜The Books〜」
  14. 葵遼太「処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな」
  15. 塔山郁「人喰いの家」
  16. 浅倉秋成「六人の嘘つきな大学生」
  17. 石川宗生「半分世界」
  18. 周木律「双孔堂の殺人 〜Double Torus〜」
  19. 周防柳「余命二億円」
  20. 桜井美奈「塀の中の美容室」
  21. 周木律「教会堂の殺人 〜Game Theory〜」
  22. 清水カルマ「禁じられた遊び」
  23. 宿野かほる「ルビンの壺が割れた」
  24. 鳥飼否宇「逆説的 十三人の申し分なき重罪人」
  25. 島田雅彦「預言者の名前」
  26. 星新一「天国からの道」
  27. 折原一「灰色の仮面」
  28. 大村あつし「エブリリトルシング」
  29. 倉井眉介「怪物の木こり」