矢樹純「夫の骨」

新刊書店でよく平積みされていた時に帯に惹かれて購入したものをようやく読了。
初読みの作家さんの短編集。
9編で構成されていて、一つ一つはとても短い。
文章のテンポもよくとても読みやすい。実際読み始めたら1日で読了。
こんなことならもっと早く読めばよかった。

あらすじ

昨年、夫の孝之が事故死した。まるで二年前に他界した義母佳子の魂の緒に搦め捕られたように。血縁のない母を「佳子さん」と呼び、他人行儀な態度を崩さなかった夫。その遺品を整理するうち、私は小さな桐箱の中に乳児の骨を見つける。夫の死は本当に事故だったのか、その骨は誰の子のものなのか。猜疑心に囚われた私は…(『夫の骨』)。家族の“軋み”を鋭く捉えた九編。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

9つの短編の舞台はそれぞれ「家族」
家族間の歪みを主題として書かれた名短編集。
印象的だった短編の感想をいくつか。

夫の骨

夫の死後、物置から発見された乳児の骨。
こんな空恐ろしい始まり。
江戸川乱歩のような鬱々感は物置、って言葉の強さかしらん。
ミステリーとしても、本格な雰囲気があり良き良き。

柔らかな背

オレオレ詐欺を思わせる始まりからの裏切り。
良きどんでん返しでした。

虚ろの檻

どうやら犬と一緒に閉じ込められている『私』
最高にどろどろした始まりで期待は上がりまくるものの、ちょっと期待と違う方に話が転がっていく。
どんでん返しを優先しすぎた悪い例。

ダムの底

何やら隠し事の多そうな父と娘の話。
ミスリードとまでは言わないが、思わせぶりすぎる語り口。
話はなんだかいい感じなのでこれももったいない。

まとめ

全体的にいい雰囲気だし、サクサク読めて楽しめた。
短編集ということでの難しさが出た作品もいくつかあるものの、総じていい短編集でした。
良き良き。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 今邑彩「そして誰もいなくなる」
  14. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  15. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  16. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  17. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  18. ポール・アルテ「第四の扉」
  19. 辻村深月「家族シアター」
  20. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  21. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  22. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  23. 服部まゆみ「この闇と光」
  24. こだま「夫のちんぽが入らない」
  25. こざわたまこ「負け逃げ」
  26. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  27. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  28. まさきとしか「完璧な母親」
  29. 矢樹純「夫の骨」
  30. 名倉編「異セカイ系」
  31. 西尾維新「掟上今日子の推薦文」
  32. 深木章子「鬼畜の家」
  33. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  34. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  35. 詠坂雄二「人ノ町」
  36. 井上ひさし「十二人の手紙」
  37. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  38. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  39. 冲方丁「もらい泣き」
  40. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  41. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  42. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  43. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  44. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  45. 村崎友「校庭には誰もいない」
  46. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  47. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  48. 佐藤究「QJKJQ」
  49. 岡田秀文「黒龍荘の惨劇」
  50. 七河迦南「夢と魔法の国のリドル」
  51. 櫻いいよ「交換ウソ日記」
  52. 青柳碧人「悪魔のトリック」
  53. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  54. 二宮敦人「18禁日記」
  55. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  56. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  57. 郷一郎「名無しの十字架」
  58. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  59. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  60. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  61. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  62. 緒川怜「冤罪死刑」