竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」

どこからどこまでがライトノベルで、どこからどこまでがライト文芸で、どこからどこまでが一般文芸なのかって話はあくまでどのレーベルから出版されたのか、ということで考えてます。
「とらドラ!」が大好きな僕でしたが、それでもライト文芸に移った竹宮ゆゆこさんの作品は尽く大好きだ。
全部、面白い。
全作にすごい力がある。

本書「あなたはここで、息ができるの?」は竹宮ゆゆこさんにとって初となる単行本作品。
単行本時には購入しなかったのですが、文庫化のタイミングで購入。
文庫は新潮文庫NEXということで、これもライト文芸。

2020年2月には角川から竹宮ゆゆこさんにとって2冊目となる単行本「いいからしばらく黙ってろ!」も発売中。
このまま文芸よりになっていくのかしらん。
まぁ、小説にとって「どこから出ているか」よりも大事なことがいくらでもあるので、そんなことにこだわるのもくだらないのかもしれないですけれど。

あらすじ

ループする時間。助けたかったのは、誰? なんでこんなことに、って、みんな思っているよね。私、観波邏々は二十歳の女子大生で、SNS 中毒で、アリアナ・グランデになりたくて。でも、いま目の前には倒れたバイク。潰れたヘルメット。つまり交通事故で死の瀬戸際。そんな私の時間は突然、ループし始める。青春が繰り返す。彼とまた出会って、恋をして、喧嘩して、そして。死も時間も飛び越える、絶対、最強の恋愛小説。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

竹宮ゆゆこさんの描く小説はテンポが早い。
開始早々、いきなり死につつある主人公。
そんな設定は正直に言うと、ひと昔前の創作物に多くあった。
そんな設定でも明らかにこれまでに体験したことのない世界観に入り込まされていくのは、竹宮ゆゆこさんの(それこそ”ライトノベル”という戦場で培ってきた)勢いと力のある語り口のおかげ。

あらすじの時点で「ループもの」と名言しており、「ループ」で読者に驚きを与えようとは思っておらず、あくまで恋愛小説・青春小説として描いているのだと思う。
ループものだが、同じ時間・同じ場面を描くことはとても少ない。
ループがなくても物語としては成立するが、ループ(地球が滅亡)することで、溜め込まれていく想いがきっとあるんだな、と感動してしまう。

現代の空気感を現代の言葉で表すのが純文学だとしたら本書は間違いなく純文学だ。
純文学らしいと言えば、舞城王太郎さんのような分圧も感じる。
舞城王太郎さんの勢い、圧力に竹宮ゆゆこさんが従来から持っていたポップさ、青臭さを足したような作品。
本書もやっぱり面白かった。
素晴らしい作家だ。
大好きな作家だ。

こんなに純粋な恋愛小説は久しぶりに読んだ。
近い将来、直木賞でも取るんじゃなかろうか。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  14. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  15. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  16. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  17. ポール・アルテ「第四の扉」
  18. 辻村深月「家族シアター」
  19. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  20. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  21. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  22. 服部まゆみ「この闇と光」
  23. こだま「夫のちんぽが入らない」
  24. こざわたまこ「負け逃げ」
  25. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  26. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  27. まさきとしか「完璧な母親」
  28. 湊かなえ「絶唱」
  29. 西尾維新「掟上今日子の推薦文」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  31. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  32. 詠坂雄二「人ノ町」
  33. 井上ひさし「十二人の手紙」
  34. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  35. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  36. 冲方丁「もらい泣き」
  37. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  38. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  39. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  40. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  41. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  42. 村崎友「校庭には誰もいない」
  43. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  44. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  45. 佐藤究「QJKJQ」
  46. 櫻いいよ「交換ウソ日記」
  47. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  48. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  49. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  50. 郷一郎「名無しの十字架」
  51. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  52. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  53. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  54. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  55. 緒川怜「冤罪死刑」