西尾維新「掟上今日子の備忘録」

「掟上今日子の備忘録」ドラマ化してたんですね。
ちょっとみたかったかも。
西尾維新ということで、キャラクター小説の要素は当然のように強かったんですけど、意外なほど本格ミステリーしていてびっくり。こんなのも書けるんですね、西尾維新。
好き嫌いや、評価は別としてもある種の天才と言っていい作家さんのうちの1人じゃないかしらん。

あらすじ

眠ると記憶を失う名探偵・掟上今日子。彼女のもとに最先端の映像研究所で起きた機密データ盗難事件の依頼がもたらされる。容疑者は4人の研究者と事務員・隠館厄介。身体検査でも見つからず、現場は密室。犯人とデータはどこに消えたのか。ミステリー史上もっとも前向きな忘却探偵、「初めまして」の第1巻。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

探偵の掟上今日子の性質上なのか、連作短編集のように事件は4つ。
掟上今日子は、睡眠すると全てを忘れてしまう探偵ということで、「忘却探偵」と呼ばれている。
その性質上、「最速の探偵」でもある。
一日ごとに記憶がリセットされる、という設定はフィクションの世界ではよくあるものの、そこをミステリーの枷として使うのは少し珍しいんじゃなかろうか。
と、さすがの西尾維新。「面白そうな」キャラクターを作らせたら見事。
ですが、その魅力的なキャラクターがミステリーという舞台で上手く機能しているかは、少し疑問。

初めまして、今日子さん

なくなったSDカードを探す、というフィクションとしては地味な事件。
犯人を見つける手段は推理ではなく、ブラフ。
それはちょっとありがちすぎる手で、ミステリーの一番の見所であるフーダニット部分をこういう手で済ませてしまうのは残念。
しかし、肝心のデータを隠す方法として「一度データを削除し、データ復元ソフトで復元させる」という手段は、思いつかなかった。

紹介します、今日子さん

誘拐された100万円の身代金として1億円を要求され、しかもそれを払おうとする、という魅力的な事件。
偽札かな、と思わされたが、実際にはクラウドのパスワードのための100万円。
そのアイデアもなかなか新しい感じではあるものの、記憶力が無いため100万円の通し番号をパスワードにしていた、というのはさすがに無理がある。
パスワードを全く覚えられないほどの記憶力なのにその100分の1はどう覚えていたんだろう。

お暇ですか、今日子さん

宝探し。小説としては、少し地味。
もともと映像化する予定だったのかしらん。この話がドラマになっているかも知りませんが。

失礼します、今日子さん

「さようなら、今日子さん」と繋がる話。
推理小説家の須永先生の死の真相を暴くため、須永先生の著作を徹夜で読み通すというもの。
寝たら記憶がリセットされるため、徹夜しなければいけない、というものですが、「初めまして、今日子さん」でも、すでに一回事件の途中で寝てしまっているので、危機感が薄いのがもったいない。
どうにかするんだろうな、って気がしてしまう。

さようなら、今日子さん

やはり寝てしまった今日子さん。ですが、やっぱり大丈夫。
須永先生の死は病死だった、と今日子さんが確信に至った推理はとても優しく、切なく素敵なものだった。
ここを書きたくての一冊だったんだろうな、と思います。

まとめ

一応、次の「掟上今日子の推薦文」も購入して積んでいる状態だけど、この調子だとシリーズ最後まで読むのはちょっと難しいな。
この後もっと面白くなってくれるといいんだけど。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  14. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  15. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  16. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  17. ポール・アルテ「第四の扉」
  18. 辻村深月「家族シアター」
  19. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  20. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  21. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  22. 服部まゆみ「この闇と光」
  23. こだま「夫のちんぽが入らない」
  24. こざわたまこ「負け逃げ」
  25. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  26. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  27. まさきとしか「完璧な母親」
  28. 湊かなえ「絶唱」
  29. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  31. 詠坂雄二「人ノ町」
  32. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  33. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  34. 冲方丁「もらい泣き」
  35. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  36. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  37. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  38. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  39. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  40. 村崎友「校庭には誰もいない」
  41. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  42. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  43. 佐藤究「QJKJQ」
  44. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  45. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  46. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  47. 郷一郎「名無しの十字架」
  48. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  49. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  50. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  51. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  52. 緒川怜「冤罪死刑」