萩原麻里「呪殺島の殺人」

最高のタイトルと最高の舞台。
「呪殺島」よくわからないが、なんだかおどろおどろしい雰囲気。
ミステリー作家である伯母の殺人容疑をかけられた、「僕」。
顧問弁護士や編集者など、これぞ本格というメンバーが孤島に閉じ込められる。

と、最高に好物なもので構成されているのですが、いまいちでした。
残念。

あらすじ

遺体と、この手のナイフ──犯人は、まさか僕? 秋津真白は、伯母・赤江神楽の遺体の前で目を覚ました。だが、全ての記憶がない。ここ赤江島は、呪術者として穢れを背負った祖先が暮らした島。屋敷には、ミステリー作家の神楽に招かれた8人が。真白の友人で民俗学研究マニアの古陶里の他に、顧問弁護士、ジャーナリスト、担当編集者、旧知の三姉弟たち。伯母を殺めた犯人はこの中に……。真白と古陶里ペアが挑む、新感覚密室推理。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

典型的というか、王道なクローズドサークル。
そこで記憶を失った「僕」。
雰囲気よさそうなんですが、どうにも軽すぎる。
新潮社Nexだからってことなのかもしれませんが、それにしたって・・・という感じ。

記憶喪失なのに、知識はきちんとあったりなどは、フィクション的なものとして許したとしても、フィクションだからこそ気になる点があった。
「僕」に危機感が無さすぎる。
記憶がなく、自分がナイフを持っていた。
それでも自分の無実を信じるのであれば、もっと焦っていいはずだし、自分の無実すら信じられないのであればもっと精神状態がおかしくなっていいはず。
とにかく、のほほんとしている。
何より、人が1人死んだにも関わらずだ。
そして、殺人が重なられてもそののほほんとした雰囲気はそのまま。

記憶喪失もご都合主義的に回復。
そこから真相が暴かれてしまう。
ミステリとしてはあまりにひどい。

ラノベ的でキャラクター強めな登場人物たちだらけの割には、このセリフが誰のだろうか、と悩まされることも多く、テンポもよくない。

見取り図やアリバイ表もあったけど、あれちゃんと使われたかな?
なんとなく、ミステリっぽいってことで乗っけてただけなんじゃないかな。

密室トリックなんかの是非はあるでしょうが、自分的にはあり。
それよりも、「呪殺島の殺人」なんてタイトルを付けるなら、もっと雰囲気を大事にしてほしかったな。
こんな雰囲気なら「民族オタク古陶里の事件簿」みたいなタイトルの方が良いと思いますよ。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  14. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  15. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  16. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  17. ポール・アルテ「第四の扉」
  18. 辻村深月「家族シアター」
  19. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  20. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  21. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  22. 服部まゆみ「この闇と光」
  23. こだま「夫のちんぽが入らない」
  24. こざわたまこ「負け逃げ」
  25. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  26. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  27. まさきとしか「完璧な母親」
  28. 湊かなえ「絶唱」
  29. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  31. 詠坂雄二「人ノ町」
  32. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  33. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  34. 冲方丁「もらい泣き」
  35. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  36. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  37. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  38. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  39. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  40. 村崎友「校庭には誰もいない」
  41. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  42. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  43. 佐藤究「QJKJQ」
  44. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  45. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  46. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  47. 郷一郎「名無しの十字架」
  48. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  49. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  50. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  51. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  52. 緒川怜「冤罪死刑」