辻村深月「朝が来た」

最近、辻村深月さんブームが続いている。
母親となった辻村深月さんだからこそ描けた物語。
映画化が決定。
河瀬直美監督ということで気になってます。多分見に行く。

あらすじ

長く辛い不妊治療の末、自分たちの子を産めずに特別養子縁組という手段を選んだ夫婦。
中学生で妊娠し、断腸の思いで子供を手放すことになった幼い母。
それぞれの葛藤、人生を丹念に描いた、胸に迫る長編。
第147回直木賞、第15回本屋大賞の受賞作家が到達した新境地。

河瀬直美監督も推薦!
このラストシーンはとてつもなく強いリアリティがある。「解説」より
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

リアリティがある。
これまでの辻村深月さんの作品の中でもリアリティが強い、という意見も見ますが、僕はいつも通りリアリティがある。と思いました。
でも、辻村深月さんの他の多くの作品っていうのは現実世界を舞台にしているものの、特殊能力や不思議な世界観なんかが追加されていて、リアルではないはず。
じゃ、リアリティってなんだろう、と。
辻村深月さんのリアリティっていうのは登場人物の人間性だろう。
本当にこういう人間がいる!っていう段階の話ではなく、こういう人間性でこういう事件に遭遇したらこういう風に思って、こういう風に行動するだろうという点ですごくリアル。
登場人物の感情や行動が脚本優先じゃないんですよね。

本書「朝が来る」もいつも通りリアル。
特別養子縁組で朝斗を迎えた栗原夫妻のもとにやってきた朝斗の母親・片倉ひかりを名乗る女性。
「朝斗のことを周りや本人に伝えられたくなければお金を」と脅迫するものの、片倉ひかりがそんなことをするはずがない、と断言し、そのことで簡単に諦める女性。
彼女は本当は誰なのか?というミステリーかと思ったら違った。
彼女は本当に片倉ひかりで、なぜ「あの片倉ひかり」が(言葉を選ばずに言うと)こんなにも落ちぶれてしまったのか。という、破滅的な物語だった。

第二章に入ると視点は片倉ひかりに変わり、なぜ彼女が朝斗を身篭ったのか、そしてなぜ、落ちぶれてしまったのか。
彼女を人生を見ていると、とても辛く苦しい。
それでもその中で希望をきちんと見つけもがき苦しむ姿はとても人間らしく美しくもある。

ハッピーエンドとは言えない終わりでも、希望はちゃんとあって辻村深月さんの優しさは健在。
やっぱり最高の作家さんだ。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  14. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  15. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  16. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  17. ポール・アルテ「第四の扉」
  18. 辻村深月「家族シアター」
  19. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  20. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  21. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  22. 服部まゆみ「この闇と光」
  23. こだま「夫のちんぽが入らない」
  24. こざわたまこ「負け逃げ」
  25. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  26. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  27. まさきとしか「完璧な母親」
  28. 湊かなえ「絶唱」
  29. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  31. 詠坂雄二「人ノ町」
  32. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  33. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  34. 冲方丁「もらい泣き」
  35. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  36. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  37. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  38. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  39. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  40. 村崎友「校庭には誰もいない」
  41. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  42. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  43. 佐藤究「QJKJQ」
  44. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  45. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  46. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  47. 郷一郎「名無しの十字架」
  48. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  49. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  50. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  51. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  52. 緒川怜「冤罪死刑」