辻村深月「島はぼくらと」

最近また辻村深月さんブームが来ている。
やっぱりどうしようもないくらいに大好きな作家の1人。
瀬戸内海の小さな島が舞台で、辻村深月さんが作者。それだけで胸がぎゅうっとなる。
期待とほんの少しの怖さ。

あらすじ

この島の別れの言葉は「行ってきます」。きっと「おかえり」が待っているから。   瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。

17歳。卒業までは一緒にいよう。
この島の別れの言葉は「行ってきます」。
きっと「おかえり」が待っているから。

瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。

大人も子供も一生青春宣言!辻村深月の新たな代表作。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

いつもに増してボリュームがすごい。

僕が辻村深月さんを好きな理由のひとつにも繋がっているんだけど、辻村深月さんはキャラクターを使い捨てない。
それぞれのキャラクターに対して作者としてきちんと愛があって、決着をつけていたり、その後を感じさせる描写がちゃんと感じられる。
そのため、どうしてもエピソードが増えるんですけど、本書「島はぼくらと」はキャラクターもいつもよりエピソードも多め。

それなのに、複雑になりすぎていないのはさすがの筆力。
過疎化のすすむ小さな島。
そんな場所を舞台にしているのに、ほのぼのとしただけの話ではなく、きちんと人間の汚い部分(人間らしい部分)や悪意もある。
そして、逆に人間の汚い部分や悪意なんかで蠢いた「結局人間が一番怖い」みたいな話でも無い。
ちゃんと悪意もあるけど、そんな悪意のある人間にも綺麗な部分はあったり、それでもすぐに通り過ぎて行ったような人物には汚い部分しか見えていなかったり、そのリアルさや脚本のためじゃないキャラクターを生み出せる能力はやはり見事。
そこにほんの少しの奇跡をふりかけて、物語としての面白さも見事なものにしてくれている。

「幻の脚本」という謎はあるものの、ミステリー成分の少ないままでそこはほんの少しだけ残念。

辻村深月さんが、言葉の持つ力、願いというものを大事に描いた一冊。
良き良き。
当然良き。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 辻村深月「朝が来た」
  11. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  12. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  13. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  14. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  15. ポール・アルテ「第四の扉」
  16. 辻村深月「家族シアター」
  17. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  18. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  19. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  20. 服部まゆみ「この闇と光」
  21. こだま「夫のちんぽが入らない」
  22. こざわたまこ「負け逃げ」
  23. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  24. まさきとしか「完璧な母親」
  25. 湊かなえ「絶唱」
  26. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  27. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  28. 詠坂雄二「人ノ町」
  29. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  30. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  31. 冲方丁「もらい泣き」
  32. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  33. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  34. 村崎友「校庭には誰もいない」
  35. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  36. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  37. 佐藤究「QJKJQ」
  38. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  39. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  40. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  41. 郷一郎「名無しの十字架」
  42. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  43. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  44. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  45. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  46. 緒川怜「冤罪死刑」