漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」

ご多分に漏れず僕も「フリースタイル・ダンジョン」で漢 a.k.a. GAMIさんのことを知った。
つまりはにわか。
ヒップホップの教養もなければ、ヒップホップを多く聞いてきたわけでもない。
そんな僕でも「フリースタイル・ダンジョン」はとても面白く感じるし、初代モンスターである漢 a.k.a. GAMIさんにもガツンと殴られた(比喩)。

タイムリーだしってことで友達が貸してくれた。

内容情報

新宿スタイルはリアルしか歌わねえーマイク1本で頂点を競う純粋なるヒップホップの精神と、それを裏切るシーンの凶暴で陰惨なる現実。ビーフや騙し合いが渦巻く世界で、ラッパーは何を夢見るのか?シーンを牽引するカリスマによる自伝的「ヒップホップ哲学」にして、日本語ラップ・ブームの中で絶大な支持を集めた名著を、文庫化にあたり大幅増補。ファン必携の決定版!
引用:楽天ブックス

感想

本書「ヒップホップ・ドリーム」は漢さんの自叙伝であり、漢さんの子供のころから、現代に繋がる部分まで口語体で書かれている。
そう、めちゃめちゃ口語体なんである。

これ、もしかしてだけど、漢さんが話したものを文字起こししたんじゃないかな?
って思うくらいの口語体。
「フリースタイル・ダンジョン」での漢さんのラップとか思い出してみるともともと、話しているような言葉使いが得意なラッパーではありそうだけど、それにしたってあまりに話し言葉すぎる。
普段歌詞を書いている人とはちょっと思えないくらい。

そういった文体のせいで、序盤は少し目滑りしてしまった。
中盤から(僕も漢さんも)慣れてきたのかだんだんとすんなりと読めるように。

内容としてはいい意味でラッパーらしいかっこつけた自叙伝。
小市民な僕なんかはこんな悪ぶったエピソードを自信満々に語ることなんて絶対にできない。
人間としての器の大きさというよりは形、入れているものが違うんだろうな。

チョコレートを輸入(笑)する話なんか生々しく、スリリングで、でも漢さんの飄々とした感じで楽しい。
しかし、こんな明け透けに書いていたらそりゃ、ねぇ・・・

本も後半になると、だんだんと不穏というか、漢さんのイライラが見えてくる。
DABOとのビーフなんかもあるが、メインはLIBRAに対する告発。
LIBRAとのことを一番書きたかったんだろうな。
文庫版では、LIBRAとのいざこざ、「フリースタイル・ダンジョン」での晋平太とのバトルについてなど、その後のことも書かれていて良かった。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  14. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  15. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  16. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  17. ポール・アルテ「第四の扉」
  18. 辻村深月「家族シアター」
  19. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  20. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  21. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  22. 服部まゆみ「この闇と光」
  23. こだま「夫のちんぽが入らない」
  24. こざわたまこ「負け逃げ」
  25. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  26. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  27. まさきとしか「完璧な母親」
  28. 湊かなえ「絶唱」
  29. 西尾維新「掟上今日子の推薦文」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  31. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  32. 詠坂雄二「人ノ町」
  33. 井上ひさし「十二人の手紙」
  34. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  35. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  36. 冲方丁「もらい泣き」
  37. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  38. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  39. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  40. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  41. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  42. 村崎友「校庭には誰もいない」
  43. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  44. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  45. 佐藤究「QJKJQ」
  46. 櫻いいよ「交換ウソ日記」
  47. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  48. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  49. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  50. 郷一郎「名無しの十字架」
  51. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  52. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  53. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  54. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  55. 緒川怜「冤罪死刑」