阿川せんり「厭世マニュアル」

素晴らしくよかった。
ものすごくフィクション的な語り口で綴られるが、物語はものすごく生々しい。
文庫版は浅野いにおが表紙。この表紙がとても良くて購入。
中身はさらに良かった。現代の「人間失格」。
単行本の表紙はたえさんかな?これもすごく良き。小説としてもとても好きだし、たえさんの絵もすごく良いので単行本も買っちゃおうかしらん。と思ってしまうくらい大好きな小説。

あらすじ

人生、マスクが必需品。
自称「口裂け女」ことくにさきみさとは、札幌在住の22歳フリーター。
他人とはマスクを隔てた最低限の関わりで生きてきたが、諸事情により、避けてきた人々と向き合う決意をした。
自己陶酔先輩の相手をし、ひきこもりの元親友を説得し……やっかい事に巻き込まれ四苦八苦する口裂けだが、周囲の評価は確実に変化していきーー?
衝撃の結末とある「勇気」に痺れる、反逆の青春小説!
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

自意識をこじらせまくった語り口はとても独特で読み辛いと思ってしまう人も多いと思います。
実際僕も目滑りしてしまう場面もいくつかあり、決して読みやすいと言えるようなものではなかった。
それでも、口裂けのこれまで(過去)と、今(現在)、これから(未来)が気になってしまい、どんどん読み進んでしまった。

自意識をこじらせた一人称小説ということで、太宰治「人間失格」直系の小説。
作者の阿川せんりさんも「人間失格」を強く意識しているんじゃないかと思う。
「人間失格」も本書「厭世マニュアル」も主人公がとても愛らしく可笑しい。
そんな共通点というか、似た匂いというか、生々しい作家性を感じる。

口裂けが親からもらった手紙は結局読まずに捨ててしまい、口裂けの過去はわからないまま。
それは、小説として、物語として、フィクションとして、あまりに不親切だと思う。
でも、口裂けが選んだ行動は”親からの手紙を読まずに捨てる”というもの。
彼女が選んだ行動に対して、第三者である読者が文句なんかつけられるわけもない。
そんなすっきりしないはずのストーリー展開であるにも関わらず、ラストの口裂けの叫びは、とても気持ちよくて、よくぞ言ってくれた、と胸を打つ。
現実という強者に立ち向かう主人公というのはやっぱり見ていて気持ちいい。

”店長”は別として、”アンサーセンパイ”や”ざしき女”はもちろんいい奴では無いどころか悪い奴・嫌な奴だろう。
それでも、一番悪いのは”口裂け”なのは間違い。
ぬるま湯の現状に甘え、そこですらうまくやれず、文句ばかり。
それでも、口裂けにも幸せになる権利はある。

小説に何を求めるか、というのは人それぞれ色々あるのはもちろんですが、やはり自分語りというのは良いですね。
大好きな小説。
阿川せんりさん。集めよう。
良き良き。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  14. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  15. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  16. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  17. ポール・アルテ「第四の扉」
  18. 辻村深月「家族シアター」
  19. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  20. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  21. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  22. 服部まゆみ「この闇と光」
  23. こだま「夫のちんぽが入らない」
  24. こざわたまこ「負け逃げ」
  25. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  26. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  27. まさきとしか「完璧な母親」
  28. 湊かなえ「絶唱」
  29. 西尾維新「掟上今日子の推薦文」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  31. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  32. 詠坂雄二「人ノ町」
  33. 井上ひさし「十二人の手紙」
  34. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  35. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  36. 冲方丁「もらい泣き」
  37. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  38. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  39. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  40. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  41. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  42. 村崎友「校庭には誰もいない」
  43. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  44. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  45. 佐藤究「QJKJQ」
  46. 櫻いいよ「交換ウソ日記」
  47. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  48. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  49. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  50. 郷一郎「名無しの十字架」
  51. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  52. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  53. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  54. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  55. 緒川怜「冤罪死刑」