詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」

僕のベストミステリーの一つである「電氣人間の虞」の詠坂雄二さんのデビュー作。
「電氣人間の虞」が好きすぎて逆に他作品をあまり掘れていないんですけど、長らく積ん読だった本書「リロ・グラ・シスタ」を読む読む。
「電氣人間の虞」ほどじゃないにせよ、やっぱり楽しかったのは、すでに詠坂雄二さんのファンだからかもしれない。

読後感は楽しかったけど、ミステリーとしてはちょっと弱めかな。

あらすじ

私立吏塚高校の屋上で葉群という男子生徒の屍体が見つかる。その前日、「吏塚の名探偵」は、生徒たちが帰宅し出払った宵闇の更衣室で、同級生の観鞍に遭遇していた。最も怪しむべきその人物は名探偵に依頼する。「葉群の死に関わっていないって証明してよ」…。独特の文体、極限まで凝った趣向。ミステリ界の破格のトリックスターによる衝撃のデビュー作!
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

デビュー作から結構挑戦的なことをやっていたんですね。
デビュー作だからこそ、なのかもしれませんが。

なぜ、舞台を高校生にしたんだろう。
舞台を高校にしたせいで、高校生が警察に混じって探偵をやっていたり、同級生に情報屋がいたり、同じ学校に生徒を相手に援助交際をしまくっている少女がいたり、教師の存在感が全くなかったりと、なんだか不自然な印象が強くなってしまった。
不自然な上に叙述トリックの手段としてやけに探偵がハードボイルドしているので、なんだか読んでて少し恥ずかしい感じ。
トリックとしては結構盛りだくさん。

依頼者、観鞍茜の秘密

妹の存在がでてきた時点で、茜が本当は女性なんじゃなくて、妹と入れ替わっていたのかな、と想像はつく。
そして、これを探偵が見落としていたのが、ちょっと探偵の格を下げてしまっているのが勿体無い。
どうしても読者としては「二卵性の双子なら見分けつくでしょう」という気持ちを持ってしまうのは仕方ないよね。

死体を屋上に移動させるトリック

フェアにするためのセキュリティシステムの話なんかが大きなヒントとなってしまって、そんなに驚けない。
先に到達した弟子の推理も大きく外れていないので、解決編では盛り上がらない。

語り手の性別誤認・語り手が犯人

ここは割と驚かさせれてしまった。
確かに、やけに性別に拘っている点など振り返ってみると不自然な点は色々あったんですけど、前述したハードボイルドな語り口のせいで、そこはうまく隠されていたと思う。

そして何より、犯人=私が、なぜ死体を屋上に移動させたのか、の理由付けはすごく良い。

まとめ

観鞍茜周りのトリックがあまりにアレなので、ここがなければもっと単純に評価高くなるんじゃないかな。と思うんだけどどうなんでしょうね。
やっぱり詠坂雄二さん、好きだな。
やっぱり他のも読んでいこう。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「凍りのくじら」
  10. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  11. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  12. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  13. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  14. ポール・アルテ「第四の扉」
  15. 辻村深月「家族シアター」
  16. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  17. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  18. 服部まゆみ「この闇と光」
  19. こだま「夫のちんぽが入らない」
  20. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  21. まさきとしか「完璧な母親」
  22. 湊かなえ「絶唱」
  23. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  24. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  25. 詠坂雄二「人ノ町」
  26. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  27. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  28. 冲方丁「もらい泣き」
  29. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  31. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  32. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  33. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  34. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  35. 郷一郎「名無しの十字架」
  36. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  37. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  38. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  39. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  40. 緒川怜「冤罪死刑」