伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」

「陽気なギャングが地球を回す」に続いて本書も読む読む。
あれ、ここまでは読んだつもりだったんだけど、って思いながら読んだら後半だけ覚えていた。
前半はギャング4人それぞれを主人公にした連作短編集で後半は4人揃っての話。

伊坂幸太郎さんの書く短編ってあんまり好きになれないので、本書もそこまでって感じだ。

あらすじ

伊坂幸太郎ブームは彼らが作った。史上最強の天才強盗あの4人組が帰って来た!
4つの奇妙な事件と銀行襲撃の裏に……

嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。
そして天才スリは殴打される中年男に遭遇。天才強盗4人組が巻き込まれた4つの奇妙な事件。
しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢誘拐」がなぜか連鎖する。知的で小粋(こいき)で贅沢(ぜいたく)な軽快サスペンス! 
文庫化記念ボーナス短編付き!
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

あとがきを読んでみると、最初メインの4人がそれぞれ主人公を務めた8編の短編集にする予定だったところを、半分(4編)すぎたところで「やっぱり4人の会話劇と書きたい」となったようで急な方向転換をした作品のようです。
そういういきあたりばったりがうまく行くこともあれば、うまく行かないこともあるんでしょう。
本書は正直なところ後者だと思う。

伊坂幸太郎さん本人が心配した通り、前作を知っている人間からすると本書の前半部分は物足りない。
やはり4人揃ってこそ。
そして、そんな前半にスペースを取られてしまったせいで後半もあまりに駆け足。
前半4編を伏線として後半の話に繋げているものの、いつもに比べて無理やり感は強いし、何より4人の無駄話が少ない。
無駄話が少ないというのは、伊坂幸太郎さん作品の魅力を半減させている。
それぞれ、作家さんの好きな部分っていうのは違うけど、僕にとって伊坂幸太郎さんは、登場人物たちのくだらなくて楽しい無駄話を聞けるというのが魅力なので、やはり短編ではその魅力はとても少ないものになってしまう。

あとは、短編集として読んだ時に、響野のノゾミを探す話が圧倒的につまらないんだよな。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「凍りのくじら」
  10. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  11. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  12. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  13. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  14. ポール・アルテ「第四の扉」
  15. 辻村深月「家族シアター」
  16. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  17. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  18. 服部まゆみ「この闇と光」
  19. こだま「夫のちんぽが入らない」
  20. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  21. まさきとしか「完璧な母親」
  22. 湊かなえ「絶唱」
  23. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  24. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  25. 詠坂雄二「人ノ町」
  26. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  27. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  28. 冲方丁「もらい泣き」
  29. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  31. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  32. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  33. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  34. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  35. 郷一郎「名無しの十字架」
  36. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  37. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  38. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  39. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  40. 緒川怜「冤罪死刑」