服部まゆみ「この闇と光」

あらすじではゴシックミステリと言われてますが、ミステリ期待するとちょっと期待はずれかも。
でも、小説としてはかなり好きな方です。おすすめ。
良き良き。

あらすじ

森の奥に囚われた盲目の王女・レイアは、父王の愛と美しいドレスや花、物語に囲まれて育てられた…はずだった。ある日そのすべてが奪われ、混乱の中で明らかになったのは恐るべき事実でー。今まで信じていた世界そのものが、すべて虚構だったのか?随所に張りめぐらされた緻密な伏線と、予測不可能な本当の真相。幻想と現実が混ざり合い、迎えた衝撃の結末とは!?至上の美を誇るゴシックミステリ!
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

まず、感想とはずれるんですけど、ものすごく読んだ覚えがある気がする。
他でもありそうな設定といえばありそうなんだけど、他に思い出せるものもなく、なんなんだろう。
もしかしたら単純に再読なのかしらん。

閑話休題。

序盤はとにかくゴシック小説。
あんまりこういうのに触れてきていないので、判断が難しいのですが、読みやすいしなかなか独特な緊張感もあり楽しい。
レイア姫という名前や王国なんて舞台から中世ヨーロッパ的なファンタジーを想像して読み進めていると、英語やテレヴィ、CDなどの存在によりここは日本では?という疑いは出てくる。
文字の木札はそれぞれ5枚づつあったっていうのもそういうことか。
だけど、まさかレイヤ姫が男の子だとは。
確かに生理になったシーンで下着を履き替えただけなのが気にはなってはいたんだけど、あれが大きなヒントだったのか。

レイア姫=怜という誘拐されていた男の子だった。で終わらない所がこの小説の楽しいところ。
誘拐犯が誰だったのか?や、動機は?という所にも切り込んでいるわけだけど、それは読者がわかるようなものではない。というよりもこの後には作中作の構図になっており、どれが真実なのか、それこそ闇の中。
だが、タイトルも「この闇と光」となっているように、これこそが光=真実なのではないか、という気がする。

こういうどんでん返しから一応ミステリーに分類されている小説ですが、犯人なんを当てるようなものでもないし、ミステリーと期待して読むとちょっと期待はずれかもしれない。

独特の読み心地ながら読みやすく楽しかった。
良き。良き。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「凍りのくじら」
  10. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  11. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  12. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  13. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  14. ポール・アルテ「第四の扉」
  15. 辻村深月「家族シアター」
  16. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  17. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  18. 服部まゆみ「この闇と光」
  19. こだま「夫のちんぽが入らない」
  20. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  21. まさきとしか「完璧な母親」
  22. 湊かなえ「絶唱」
  23. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  24. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  25. 詠坂雄二「人ノ町」
  26. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  27. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  28. 冲方丁「もらい泣き」
  29. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  31. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  32. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  33. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  34. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  35. 郷一郎「名無しの十字架」
  36. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  37. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  38. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  39. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  40. 緒川怜「冤罪死刑」