辻村深月「かがみの孤城」

辻村深月の最高傑作と名高い本書「かがみの孤城」。
一日で一気読み。さすがに面白い。
やっぱり辻村深月さん大好きすぎる。
出版がポプラ社ということもあってか、児童文学っぽい雰囲気が強い名作。
モチーフとしても童話が使われていて、幅広い人が読める名作。

あらすじ

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていたーー
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

当然のように面白い!
辻村深月さんの小説では割とよく扱われる「いじめ」や「孤独」がテーマ。
辻村深月さんも中学生の頃にそのような経験があるということで、私小説的な側面の強い本書。
主人公のこころが受けたのはこころも言うように「いじめ」ではなく、言葉に出来ない「何か」。
そう言った、言葉に出来ない・言葉にまだなっていない事柄や想いっていうのは色々あって、言葉を糧にしている小説家がそういう事を言ってしまえる正直さがやっぱり好きだな。

かがみの中の世界に7人の中学生が集められ、願いを叶える鍵を探せ、と命じられるなんともファンタジーな設定。
辻村深月さんで言えば「冷たい校舎の時は止まる」を連想させる。

三月でのこころがアキや他のメンバーの記憶を覗く場面の描き方はとても不可思議で、ファンタジックな感覚で独特な読み心地で辻村深月さんの小説家としての筆力の高さに驚いた。
恐らく目まぐるしく記憶が流れ込んできていたこころとテンポを合わせるようにページを捲る手がどんどん早くなる。
そのせいでこの場面はほとんど斜め読みになっていましたが、正しい読み方だったと思う。

ミステリーとしての仕掛け(集められた7人の時間軸がずれているという真相)は割とすぐに分かってしまった。
最近のミステリーをある程度読んでいたり、辻村深月さんを好きならすぐにわかってしまうんじゃなかろうか。
鍵の場所については(一般教養として考えてもいいとは思うが)「七ひきの子やぎ」を知らないとわからないものではあるし、
”オオカミさま”がリオンの姉というのも少し急すぎる感じはある。
それでも本書「かがみの孤城」は間違いなく名作だし、僕も大好きな一冊だ。
物語として、文芸作品として、児童文学として、すごくすごく良き。

辻村深月さんの最高傑作というよりは集大成のような作品。
中学生が読むべき本だし、これがその人にとっての初の辻村深月作品となったらとても素敵なことだと思う。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「凍りのくじら」
  10. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  11. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  12. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  13. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  14. ポール・アルテ「第四の扉」
  15. 辻村深月「家族シアター」
  16. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  17. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  18. 服部まゆみ「この闇と光」
  19. こだま「夫のちんぽが入らない」
  20. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  21. まさきとしか「完璧な母親」
  22. 湊かなえ「絶唱」
  23. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  24. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  25. 詠坂雄二「人ノ町」
  26. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  27. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  28. 冲方丁「もらい泣き」
  29. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  31. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  32. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  33. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  34. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  35. 郷一郎「名無しの十字架」
  36. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  37. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  38. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  39. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  40. 緒川怜「冤罪死刑」