朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」

なんだかんだ好きな朝井リョウ。
その中でも本書「世にも奇妙な君物語」かなり良き。かなり好き。
タイトルからもわかるように”朝井版「世にも奇妙な物語」”とのことでしたが、まさかここまで「世にも奇妙な物語」だとは。
短編集なんですけど、全編そのまま「世にも奇妙な物語」で使えそう。
今、「世にも奇妙な物語」がやっているのかどうかは知らないけど。

あらすじ

オチがすごい! いくつもの書店で週間ランキング1位に輝いた話題の小説!異様な世界観。複数の伏線。先の読めない展開。想像を超えた結末と、それに続く恐怖。もしこれらが好物でしたら、これはあなたのための物語です。待ち受ける「意外な真相」に、心の準備をお願いします。各話読み味は異なりますが、決して最後まで気を抜かずにーー。では始めましょう。朝井版「世にも奇妙な物語」。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

”朝井版「世にも奇妙な物語」”とのことですが、僕はまだ”朝井リョウらしさ”がイマイチわからない。
これまで読んだのが「何者」、「桐島、部活やめるってよ。」「星やどりの声」とそれぞれ違った顔を見せてくれるので”朝井リョウらしさ”とは?って感じだ。

シェアハウさない

一編目のタイトルから「世にも奇妙な物語」だ。
そしてさらに面白いのが、全短編に言えることなんだけど、タイトルの出てくるタイミング。
小説なのにわざわざアバンタイトルが用意されている。

シェアハウスで暮らす4人の男女。
飲酒していたことをかたくなに隠す住民や、主人公の過去、そして「世にも奇妙な物語」オマージュ作品ということで、いわばメタ的に不穏な空気が蔓延している。

その違和感を味わっていると、ページを開いて落ちはたった一行。
見事。

リア充裁判

どこかで、それこそ何度か見たような設定の短編。
それでも、頭一つ抜け出ているように感じたのは単純に筆力の問題かな。
やっていることも落ちもありがちと言えばありがちなんだけど、心地よいくらいの胸糞悪さのバランスが見事。
”小説なんかを読むのは非リア”というところをうまく使っている。
朝井リョウは現実世界と小説世界の境界線の扱いがうまいな。

立て!金次郎

こういうのも「世にも奇妙な物語」でよくあった!
”モンペ”という社会問題をヒリヒリしつつで面白おかしく。
一回落ちがくるものの、もうひとつ大きな展開があって、これは予想できなかった。

13.5文字しか集中して読めな

近頃特に、マスコミのくだらさなというのをヒシヒシと感じているわけですけど、そうなんすよ、こういうくだらない奴らってとにかく理屈が好きなんですよね。
そうじゃなくて、個人的にどう思ってんだよ!ってのが僕は聞きたいのに、頭いいフリばかりしやがって。
と、まんまとイライラさせられた。
朝井リョウにしてやられた。
そして爽快で空恐ろしい落ち。
良き。

脇役バトルロワイアル

ここまではいい短編集だな、くらいでしたが、この短編で一気に本書が好きになった。
パロディとメタ。結局僕はメタネタに弱いんだ。
俳優に詳しくないため、元ネタがわからないのが何人かいたのは残念だった。
落ちも「世にも奇妙な物語」っぽくて良き。

まとめ

それぞれの短編がそれぞれに面白く、その上「脇役バトルロワイアル」で世界をもう一個広げられた。
楽しかった。好き。好き。良き。良き。

2020年 年間ベスト

  1. 阿川せんり「パライゾ」
  2. 辻村深月「かがみの孤城」
  3. 阿川せんり「厭世マニュアル」
  4. 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
  5. 芦沢央「許されようとは思いません」
  6. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  7. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  8. 朝井リョウ「星やどりの声」
  9. 辻村深月「島はぼくらと」
  10. 竹宮ゆゆこ「あなたはここで、息ができるの?」
  11. 辻村深月「朝が来た」
  12. 朝井リョウ「世にも奇妙な君物語」
  13. 詠坂雄二「リロ・グラ・シスタ」
  14. 青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」
  15. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  16. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  17. ポール・アルテ「第四の扉」
  18. 辻村深月「家族シアター」
  19. 辻村深月「スロウハイツの神様」
  20. 彩坂美月「僕らの世界が終わる頃」
  21. いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
  22. 服部まゆみ「この闇と光」
  23. こだま「夫のちんぽが入らない」
  24. こざわたまこ「負け逃げ」
  25. 辻村深月「東京會舘とわたし」
  26. 黒澤いづみ「人間に向いてない」
  27. まさきとしか「完璧な母親」
  28. 湊かなえ「絶唱」
  29. 西尾維新「掟上今日子の推薦文」
  30. 伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」
  31. 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
  32. 詠坂雄二「人ノ町」
  33. 井上ひさし「十二人の手紙」
  34. 似鳥鶏「叙述トリック短編集」
  35. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  36. 冲方丁「もらい泣き」
  37. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  38. 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」
  39. 西尾維新「掟上今日子の備忘録」
  40. 萩原麻里「呪殺島の殺人」
  41. 矢野龍王「極限推理コロシアム」
  42. 村崎友「校庭には誰もいない」
  43. 岡嶋二人「タイトルマッチ」
  44. 歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  45. 佐藤究「QJKJQ」
  46. 櫻いいよ「交換ウソ日記」
  47. 辻村深月選「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008」
  48. 阿藤玲「お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) 」
  49. 漢 a.k.a. GAMI「ヒップホップ・ドリーム」
  50. 郷一郎「名無しの十字架」
  51. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  52. 小嶋陽太郎「気障でけっこうです」
  53. 藤野恵美「ぼくの嘘」
  54. 鈴木おさむ「名刺ゲーム」
  55. 緒川怜「冤罪死刑」