綿矢りさ「蹴りたい背中」

文庫になったタイミングで読んで以来の再読。
初版が2007年みたいなので、13年振りか。
作者の綿谷りさが19才の時の作品で、19才でこの完成度。すげえ。

あらすじ

“この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい”長谷川初実は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部屋に招待されるが…クラスの余り者同士の奇妙な関係を描き、文学史上の事件となった127万部のベストセラー。史上最年少19歳での芥川賞受賞作。
引用:楽天ブックス

感想

とにかく徹底して一人称。
小説としての描写視点はもちろんのこと、徹底的に「私」が見た世界、聞いた世界、何よりも「私」が感じた世界。

19才でこの完成度に驚くけど、内容は19才だからこそ書けた作品。
いや、もしかしたらこれでも遅かったのかもしれない。
きっと「私」は綿矢りさ自身で、その綿矢りさが高校生の時に触れた世界をどれだけ鮮明に思い出して、どれだけ生々しく書けるのか、というチャレンジ的な作品。
でも、きっと17才の時の綿矢りさではさすがにここまでの完成度にはできなかったんじゃなかろうか。
19才でこの筆力って、本当にすごい。
この完成度と、この生々しさが同居しているのはなかなか奇跡的な作品なんじゃなかろうか。
書き出しからすごい。

さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。

これ書ける?
なんだよこの、胸を握りしめてくる書き出しは。
こんな描写が出来る作家が

「ハツは、にな川のことが本当に好きなんだねっ。」

だってさ!
”さびしさは鳴る。””好きなんだね「っ」。”だよ。
この振り幅。

大人(先生やにな川の母親)を見て汚らしさや情けなさを感じたり、同級生(絹代や唾本)を見て劣等感や疎外感、優越感を感じたり、にな川を見て”何か”を感じる「私」。
子供から大人になるにつれ、この”何か”言葉に出来ない感情を持つというのは通過儀礼のようなものなんだと思う。そしてこの”何か”を物語として、小説として書き上げるのが文学なんだろう。
そりゃ、芥川賞取るわ。

めちゃめちゃ面白い。
良き良き。

「夫のちんぽが入らない」ではちんぽはちょっと入るし、「蹴りたい背中」では背中を蹴る。二度も。

2020年 年間ベスト

  1. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  2. 綿矢りさ「蹴りたい背中」
  3. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
  4. ポール・アルテ「第四の扉」
  5. こだま「夫のちんぽが入らない」
  6. 湊かなえ「絶唱」
  7. 一條次郎「レプリカたちの夜」
  8. 冲方丁「もらい泣き」
  9. 東野圭吾「恋のゴンドラ」
  10. 郷一郎「名無しの十字架」
  11. 永嶋恵美「明日の話はしない」
  12. 緒川怜「冤罪死刑」